アドワーズの最適化タブで変更案を考える

最適化タブとはクライアントのアカウントに応じた
最適化案(成果が見込める変更案)を
アドワーズのシステムが提案してくれるものです。

 

キーワード
入札単価
予算
広告
などなど

 

あらゆる面から診断してくるもので
定期的にこちらの提案を確認し、
掲載結果がどのようになるのか?
という部分まで確認しつつ、
効果のある提案を受け入れていくと良いですね。

 

例えば、下記のような提案をしてくれます。

 

【対応策①】
『既存のキーワードから新しい広告グループを作成すると、
より関連性の高い広告をユーザーに表示できます』

 

↓↓↓

 

《週あたりのの推定効果①》
『キーワードをテーマごとにまとめて
関連性の高い広告を作成すると、
成果の高い広告グループが 6個作成されます』

 
【対応策②】
『広告へのサイトリンクの追加により、
サイトの特定のページにユーザーを呼び込む』

 

↓↓↓

 

《週あたりのの推定効果②》
『クリック数が 7 回増加、クリック率が 0.14% 上昇
(1 個のキャンペーンにサイトリンクを追加した場合)』

 

 

【対応策③】
『クリック数が 7 回増加、クリック率が 0.14% 上昇
(1 個のキャンペーンにサイトリンクを追加した場合)』

 

↓↓↓

 

《週あたりのの推定効果③》
『1 個のキャンペーンで 1 日の予算を引き上げると、
クリック数が 11 回増えます』

 

こんな感じですね。
そして、各々の【対応策】に対し、
最適化案と、見込まれる結果が表示されます。

 

例えば、上記の【対応策①】に対する
最適化案と、見込まれる結果は下記の通りです。

 

[最適化案①]
「3.●●●」のキーワードを基に
2 個の広告グループを作成します

 

↓↓↓

 

{見込まれる成果①}
この広告グループの 26 個のキーワードを使用して、
「●●●」や「▲▲ ○○○」などのテーマで
高い成果を見込める広告グループが 2 個作成されます

 

[最適化案②]
「1.■■■」のキーワードを基に
2 個の広告グループを作成します

 

↓↓↓

 

{見込まれる成果②}
この広告グループの 31 個のキーワードを使用して、
「□□□」や「■■■ △△△」などのテーマで
高い成果を見込める広告グループが 2 個作成されます

 

という感じですね。
さらに、付け加えておくと、
先の週当たりの推定効果のところでは
分かりにくい文章や言葉、そのほか
補足説明が必要であろう部分にヘルプ表示が出ておりますので
とても分かりやすく提案を受けるか同化の判断に
大いに役立ちます。

 

このように最適化タブを利用することで
広告効果を高めるヒントがリアルで収集していけますので
アドワーズをお使いなら積極的に活用することをお薦めします。

 


『集』
お名前(姓) *
お名前(名) *
メールアドレス *

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ