PPC広告の広告グループについて

前回は、アカウントの構造と共に
キャンペーンレベルでできること
のお話をさせて頂きました。

 

今回は広告グループレベルで出来ること
について解説していきます。

 

大きなテーマで分けていたキャンペーンの中で
商材毎であったり、視点毎であったりと
さらに細かく分けて管理できるのが広告グループです。

 

また、1つの広告グループにたくさんのキーワードを
持ち込まないようにする為にも
主だったキーワード毎に広告グループを
設定するというような方法を取ることもあります。

 

以前に品質スコアの話を致しましたが、
1つの広告グループにたくさんのキーワードを
盛り込むことで広告とキーワードと関連性が
低くなり、結果品質スコアを下げる要因に
なる可能性があります。

 

なので、主だったキーワード毎に広告グループを
設定するのですね。

 

つまり、キャンペーンを細分化することで
効率よく、且つ、効果的にアカウントを
運営する為に広告グループを設定するのです。

 

広告グループレベルで出来ることは
・広告文とキーワードの追加
・広告グループ設定時のデフォルト状態の
上限クリック単価の設定
が主だったところです。

 

では、キーワードの設定について
見ていきましょう。

 

キーワードの設定は費用対効果のバランスを見ながら
ターゲットが検索時に使用するであろうキーワードを
予想しながら設定していきます。
当然のことながら、クリック単価が高く
費用対効果的にも全然合わないということであれば
除外していく必要がありますし、

 

逆に費用対効果的が合っているキーワードが
抽出できたならば、表示回数が増えるような
工夫をしていかなければなりません。

 

ここらへんのところは、追々お話させて頂きますが、
まず持ってやるべきはキーワードをできる限り
ピックアップし設定していくということです。

 

ただ、1つだけ注意して欲しいのは
同じキーワードを別々の広告グループに対して
設定しないようにするということです。

 

これをしてしまうことで何か不具合がある
ということではないのですが、
簡単に言うと、自身の広告同士が競争することに
なってしまうのですね。

 

もちろん、入札決定は都度行われるもので、
負ければ表示順位が下がるというだけのことなのですが、
『負ける』ということはどういうことかを
考えていただきたいのですね。

 

仮に競争した広告の上限クリック単価の設定が
同じであれば品質スコアの優劣が勝ち負けを
決したということになります。

 

つまり、『負けた』方の広告の品質スコアは
低かったということになりますよね。

 

自身の広告と競合して負けるような品質スコアの
広告に意味があるのでしょうか?
もしかすると、そのキーワード自身が
品質スコアを落とす原因となっているやもしれません。

 

さらに言うなら、同じキーワードで
自身の広告を2つ表示させる必要があるでしょうか?
無いですよね?

 

つまり、同じキーワードを複数の広告グループに
設定する必要はないということになるわけです。

 

次に、『First Page Bit』です。

 

『First Page Bit』とはグーグルの検索結果の
1ページ目に表示させる為に必要な金額の
目安を示すものです。

 

つまり、現状では広告が1ページ目に表示されていないので
1ページ目に広告を表示したのであれば
上限クリック単価を上げないと駄目ですよ、ということです。

 

ここで考えるべきは広告掲載順位を上げるために必要なことは
上限クリック単価を上げるだけではなく、
品質スコアを上げることでも可能だということです。

 

費用対効果的に見合うのであれば
クリック単価を上げて早く1ページ目に表示させ、
露出を増やし、集客に繋げる事がベターだとは思いますが、

 

そうでないのであれば、
闇雲にクリック単価だけを上げるのは
首を絞める好意に他なりません。

 

露出を増やすことと
費用対効果が見合うこと
のいずれを優先させるかは
場合によって異なりますが
片方の手法のみに依存するのは危険ですので
注意して下さいね。

 

これらのことを考えると、
広告グループにおいてやるべきは
・広告テキストとキーワードの関連性を重視すること
・1つの広告グループには1つの商材
もしくは1つの主だったキーワードに絞ること
・そして、適宜広告グループを作成し、
広告効果を高める工夫をすること
にあると言えます。

 

次回はキーワードについてお話させて頂きますね。
どうぞお楽しみに!

 


『集』
お名前(姓) *
お名前(名) *
メールアドレス *

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ