PPC広告の広告ランクと品質スコアの関係性

PPC広告の掲載順位を上げる為にも
広告ランクを上げる必要があり、

 

広告ランクを上げるためにも
品質スコアを上げる必要があり、
そこに努力をするべきであります。

 

そこで、今回は具体的に数字を使って
広告ランクと品質スコアの関係性を
解説していきたいと思います。

 

まずは上限クリック単価なるものですが
これは、広告を出稿されるクライアント様が
1クリック当たりに掛けられる費用の上限を
設定するということであり、

 

この上限を超えてクリック単価が
請求されることはありません。

 

なので、仮に品質スコアが同じであれば
この上限クリック単価の設定が高い方が
広告掲載順位は上位になります。

 

なので、品質スコアが低い状態で、
且つ、上位表示させたいということであれば
この上限クリック単価を高く設定する必要がある
というわけですね。

 

これは逆に言えば、
上限クリック単価の設定が同じであれば
品質スコアが高い方が広告掲載順位が上になる
ということが言える訳で、

 

無駄に広告費を掛けたくないのであれば
(と言うか当たり前のことですよね。)
品質スコアを上げる必要があるのですね。

 

で、前置きが長くなりましたが
広告ランクと品質スコアの関係性について見ていきます。

 

例えば広告ランクが『240』である想定します。
すると、下記のような計算式が成り立ちます。

 

上限クリック単価『120円』Ⅹ品質スコア『2』
上限クリック単価 『40円』Ⅹ品質スコア『6』
上限クリック単価 『30円』Ⅹ品質スコア『8』

 

つまり、品質スコアが『2』の状態で
120円のクリック単価を設定していたものが
品質スコアを『8』に上げることが出来れば
30円のクリック単価の設定で
同じ結果(広告掲載順位)が得られるというわけです。

 

この違い目茶苦茶大きいと思いませんか?

 

同じ結果を得る為に掛ける費用が
少なければ少ないほど
より大きな成果を期待して費用を投じることも
可能となりますし、

 

逆に言えば、求める結果の上限が決まっていれば
より少ない費用でそれが実現可能であるということです。

 

では、ここで具体的にどのような公式の元で
クリック単価が決められているのか見てみましょう。

 

多くの方が誤解されているのが
設定したクリック単価で広告費用は支払われている
と思われているところです。

 

これは大きな間違いで
設定した上限クリック単価=支払うクリック単価
ではありません。
上限クリック単価とは
1クリック当たりに支払うことができる上限を
設定したものであって、簡単に言うと
それを超えるくらいなら
掲載順位を落としていただいて結構ですよ。
という設定を設けているということなのですね。

 

なので決して設定した上限クリック単価が
支払う費用ではないということです。

 

では、どのようにしてクリック単価は
決められているのでしょうか?
具体的な数字を使いながら説明しますね。

 

まず、答えから申しますと、クリック単価は
『掲載順位直下の広告ランク』を
『自社(自身)の広告ランク』で割って、
それに1円足したものとなっております。

 

広告主に寄った形の単価決定方式だと言えますね。
少し分かりにくいでしょうか。

 

具体的に数字を使って説明します。
A、B、C、Dの4社の広告主がいます。
A社は
上限クリック単価『20円』で品質スコアが『2』
⇒広告ランクは『40』となります。

 

B社は
上限クリック単価『32円』で品質スコアが『2』
⇒広告ランクは『64』となります。

 

C社は
上限クリック単価『20円』で品質スコアが『4』
⇒広告ランクは『80』となります。

 

D社は
上限クリック単価『10円』で品質スコアが『5』
⇒広告ランクは『50』となります。

 

この場合、広告掲載順位は広告ランクの
高い順番になるわけですから
1位 ⇒ C社
2位 ⇒ B社
3位 ⇒ D社
4位 ⇒ A社
となりますよね。

 

では、この場合のクリック単価はどうなるのかと言うと、
先に示した公式に当てはめて計算してみましょう。

 

先に示した公式では、
『掲載順位直下の広告ランク』を
『自社(自身)の品質スコア』で割って、
それに1円足したもの
となっているわけですから
これを元に1位であるC社のクリック単価を見てみます。

 

この場合、『掲載順位直下の広告ランク』とは
2位のB社の広告ランクですから『64』ですね。

 

『自社の品質スコア』は『4』ですから
『64』を『4』で割ると『16』となります。

 

そして、この『16』に1円を足したものということで
『17円』が広告掲載順位1位であるC社の
クリック単価となります。

 

このようにしてその他の2位、3位の単価を決めていくと
答えは・・・
ご自身で考えてみて下さい。笑

 

そして、当然のことながら4位であるA社の
クリック単価は調べようもありません。
なぜなら、直下の5位の情報が分かりませんので。

 

以上で広告ランクと品質スコアの関係性についてと
合わせてクリック単価の決められ方について
解説いたしました。

 

少々ややこしいかもですが
細かいことは私のような広告代理店に任せて
覚えておくべきは品質スコアを上げることで
より広告効果を発揮できる土壌ができる
ということを覚えておいて頂ければと思います。

 

ご参考までに。

 


『集』
お名前(姓) *
お名前(名) *
メールアドレス *

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ