グーグルアドワーズの基本概念 3つのR

 

今回からはPPC広告の中でも
グーグルアドワーズに寄った形で
お話を進めて行きたいと思います。

 

まず初めにグーグルアドワーズの基本概念である
3つのRについて触れておきます。

 

3つのRとは・・・
Reach(リーチ)
Relevance (関連性)
Roi (投資収益率)
の3つを差します。

 

Reach(リーチ)

PPC広告の広告手法には大きく分けて2つあり、
1つは検索ネットワーク、
もう1つは、ディスプレイネットワークです。

 

検索ネットワークは文字通り、
グーグルの検索エンジンに入力されたキーワードに
基づいて抽出された広告を

 

検索結果の一覧表示の上の部分や下の部分、
また、右サイドの部分に出される広告のことです。
一方、ディスプレイネットワークは
100ヶ国、20言語に適応し、
色々なサイトに表示される広告のことであります。

 

よくあるでしょう。
閲覧しているサイトの下方部などに
関係のない画像が出ていたりするものが。

 

まさしくあれがPPC広告のディスプレイネットワーク
の機能を生かした広告の1つです。

 

これらを使って
狭く深く、広く浅くと
臨機応変にReach(リーチ)していくのですね。

 

Relevance (関連性)

 

アドワーズ広告では優れた機能が充実しており、
成果を上げたい目的に対してできる限り
ピンポイントで目的にあった対象を探し出し
広告を表示させていくことができます。

 

地域や言語を絞ることでターゲットを
絞ることも可能ですし、
ターゲット層をある程度絞ることも可能です。

 

要は、DR(ダイレクトレスポンス)に繋げる効果と共に
そのターゲットに向かってタイミングよく
訴求していくことも可能にします。

 

例えば、ネットサーフィンなどをしていて
あちこち色々なサイトを閲覧しているのに
いつも同じ広告が表示されるということはないでしょうか?

 

これはリマーケティングと言って
一度クリックした広告は興味があるものと判断して
一定の間、その広告があなたを追い掛け回すような
仕組みになっているのですね。

 

これもグーグルアドワーズを利用した
PPC広告の手法の1つで、
効果の高い手法だと言われております。

 

興味があって1度はクリックして
中身を見たものの
「また後で考えよう・・・」
とそのまま放置してしまったことはないでしょうか?

 

そういった
「また後で考えよう・・・」
をキッチリと回収する機能である言えるわけですね。

 

このようにRelevance (関連性)の高い広告を
できる限りマッチしたターゲット層に訴求していく
ことが出来ることも魅力の1つです。

 

Roi (投資収益率)

広告の中でもとりわけPPC広告は
費用対効果的に優れた広告だと言えます。

 

その理由の大部分を占めているのが
広告のデータ分析が出来る
という所にあると考えます。

 

もちろん、出稿当初から成果がバンバン上がり
PPC広告は完全無欠の広告媒体だ!
なんてことは申しませんが、
データが取れるという点においては
他に右に出る広告媒体はないでしょう。

 

もちろん、人海戦術で出来る範囲であれば
その限りではありませんが
パソコンの前に座ったままで
いつ、どこにでも出稿できるという所では
これほど優れた広告媒体もないわけです。

 

例えば、入力されたキーワードに対する
広告文の反応(クリック率)はどうか?

 

広告サイトからの成約率(コンバージョン率)は
どのような結果が出ているか?

 

また、広告文であれ、広告サイトであれ、
各々2つのパターンを用意して、
どちらが良い反応を得られるか?
などのテストも出来るわけですね。

 

掛かる費用を変更することなくです。

 

これって目茶苦茶素晴らしいことであることは
ご理解頂けるでしょう。

 

チラシを撒くにしても
新聞やテレビに別の広告を打つにしても
費用は新たに必要になりますよね。

 

つまり、おいそれと簡単に広告のテストなんてことは
費用対効果的な観点からも出来ないわけです。

 

それがPPC広告なら・・・
というわけですね。

 

そして、このようなテストを繰り返し
悪い広告文や広告サイトをを差し替えていくことで
どんどん洗練されたものだけが残るような
仕組みが出来上がります。

 

仮にこのテストの繰り返しによって
コンバージョン率が0.5%から
1%になったとしたら

 

それだけで成約率は倍になったことになります。
つまり、同じ成果を上げるために必要な費用を
半分に晴らすことが出来たということと同義なのです。

 

2倍の成果を上げると考えると
かなり難しく感じるかもしれませんが、
コンバージョン率をわずか0.5%上げるだけと考えると
何となく出来るような気がしませんか?

 

そして、それを可視化して可能にしていくのが
PPC広告だというわけですね。

 

ということでアドワーズの3つのRである
基本概念についてお話させていただきました。


『集』
お名前(姓) *
お名前(名) *
メールアドレス *

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ