アドワーズとヤフーリスティング

PPC広告(リスティング広告)は主に次に2社
を抑えておくだけでOKです。

 

グーグルアドワーズ
ヤフープロモーション広告
そうです。検索エンジン大手の2社ですね。
とりわけ、まず着手すべきは
グーグルアドワーズ。

 

こちらを優先して取り組むべきですね。
もちろん、両方を並行してリスティング広告を
掛けていくというのが一番良いわけですが、
初めから成果の出るものかどうか分からない状態で
多くの費用を投じるのは冒険に過ぎる部分もあろうかと思います。

 

よって、まずはグーグルアドワーズから着手し、
成果が出てきたら、その状況をそのまま
ヤフープロモーション広告の方でも展開していく
という流れが宜しいかと思います。

 

ただ、規制の厳しさや緩さなどの観点から申し上げますと、
ヤフープロモーション広告の方が審査が緩いと言われております。

 

特にアフィリエイトに関する広告などは
グーグルアドワーズでは審査が通らなくなりました。

 

これは、恐らくアフィリエイターと呼ばれる方々の中の
ごく一部の方々が広告としての信頼度を損ねるような
質の低い広告を出稿し続けたからだと考えられます。

 

広告URLをクリックすると
いきなり「これでもか!」と言わんばかりの
販売ページが目に飛び込んでくる・・・みたいな。
これでは検索エンジンを管理するグーグルも
規制せざるを得ない状況だよねってことです。

 

そもそも検索エンジンの使命と言うか、目的は
何らかの調べものや探し物をキーワードを頼りに
答えを探しに訪れたお客様に対して
その答えがしっかりと打ち出されるようにすることです。

 

理想を言うなら1回で。

 

これを現実からできる限り近づけることで
お客様の利便性を究極まで高めることが重要で
そのために日々のアルゴルリズムの高度化が
進められているのですね。

 

そんな使命を持つ検索エンジンにおいて
広告リンクを押したら直接販売ページに飛ぶ
というようなアフィリエイトリンクだらけの
状況はいかがでしょうか?

 

ということなのですね。
そして、これらの考えは当然のことながら
ヤフープロモーション広告でも踏襲される
ということは可能性としては決して
低くないのでそこの部分は注意をしておくべきかと思います。

 

PPC広告を使って売上UPを図るにしても
お客様の検索目的にマッチするような
広告文に作り方やキーワードの設定、
その他広告サイトとの関連性を重視した
サイト作りが重要だということですね。

 


『集』
お名前(姓) *
お名前(名) *
メールアドレス *

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ