目を見張る集客の効果

月末ということもあり、
昨日、ある企業さんのアドワーズの管理画面を
眺めていました。

 

すると・・・

 

予想以上に結果が出ており、
お客様も初動としては満足されること間違いなしです。

 

このお客様は、もともと集客という概念がなく、
新規顧客は足で取ってくるもの、
営業が靴底を減らして獲得してくるもの、
というような考え方をされておられました。

 

俺は営業ではない。
だから、新しいお客さんを獲得する方法なんて知らない。
新規のお客さんを獲得できないのは
ひとえに営業がサボっているから。
営業能力に欠けるから。

 

このような感じで経営することと
新規の顧客を獲得することが
全然、全く、結びついていないのですね。
(いなかったかな。)

 

で、新規の顧客を獲得することは
会社運営において欠かせないことであること、
であるなら、経営者として当然考えていかねばならないこと、
ということをお話させて頂いたのがつい最近の話です。

 

顧客を獲得する為には見込み客を集めねばなりません。
見込み客を集めて信頼関係を構築していく中で
自分のことを信頼に値するという評価を頂けた時に
見込み客が顧客に転換されるわけですね。

 

だからこそ、まずもってやるべきは
見込み客を集める仕組みが大切なのです。

 

資金があれば、体力があれば
それこそ力任せに見込み客を集めることも可能でしょう。

 

しかしながら、我々中小企業には
そのような余力はありません。

 

仮にあったとしても力任せの集客では
顧客に転換する過程での効率がすこぶる悪くなります。
当然のことながら、中小企業には不向きだと。

 

見込み客を効率よく顧客化するためにも
初めの集客の段階、見込み客を集める段階で
セグメントしておく必要があるのですね。

 

まさしく見込みのあるお客様【だけ】を
集めていくというわけです。

 

ターゲットとしてそぐわないお客さんを囲ってしまうと
余計な対応コストが掛かってしまいますからね。
利益率的な側面から考えると数を集めることが
決して宜しくはないというわけです。

 

そして、先のお客様はこの見込み客を集める方法が
思った以上に成果が出ており、
費用対効果的に【OK】な結果になったということです。

 

ということで次回からはこのお客さんが成果を出された
集客方法について少し触れていこうと思います。

 

どうぞお楽しみに。

 


『集』
お名前(姓) *
お名前(名) *
メールアドレス *

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ