集客には区切りも大切?

そういえばこんなことがありました。
去る6月29日(日)に夕方。
ある散髪屋に行きました。

 

私は時間をロスすることが
非常にストレスになるので
基本的には平日の夜の弊店間際に
駆け込むことが多いのですが。

 

というのも、そもそも平日に散髪に来る
サラリーマンが少ないということ、
そして、弊店間際の時間に来ているお客さんが
少ないということ、

 

(私が行くところは駅近ではないので
車で・・・となると
さらに少なくなるということでしょうか?)

 

これらの理由により大抵空いており、
待たされるということがほとんどないからです。

 

ですが、先日妙にタイミングを逃してしまい、
仕事に都合上、平日の夕方にも行けずじまいのまま
週末を迎えてしまいました。

 

で、これまた都合よく?日曜日の予定が
スポっと空いたので
「これ幸い」と散髪屋に出かけたのですが、

 

予想以上に混雑しており、
一瞬また今度にしようかと思いながらも
せっかくここまで来た時間をロスすることに
またストレスを感じるのでそのまま
散髪することに決めました。

 

で、自分の番になって散髪をして頂きながら
雑談をしていたわけですが、
なぜ、今日はこんなに混んでいるのか?
と尋ねたところ、次のような答えが返ってきました。

 

「週末だということもあるのですが、
月末ということもあると思います。
新しい月を新たな気持ちで・・・
と考える方が多いようで。」

 

なるほど。
散髪までも区切りを気にする方がおられるとは
私には意外でした。

 

散髪とは
髪の毛が長くなったから切る。
髪の毛が長くなりそうだから切る。
というものだと思っていたからです。

 

髪の毛を切るという行為そのものに
何がしかの意味づけをするなんてことは
想像もしなかったのですね。

 

これは、私にとって新しい発見でもありました。
私は正月でさえ、昨日が今日に、
今日が明日に変わっただけという認識で
捉える習慣があるからです。

 

人は何かにつけ『区切り』というものを
これほど大切にするのかと思いましたし
さらに言えば、区切りを付ける事で
何がしかの動機付けにするのだということを
改めて理解した次第です。

 

『集客』を考える上でも
頭に入れておきたいポイントかもしれませんね。

 

行動を起こすための動機付けとなる
『きっかけ』を作ることで
集客力を上げる効果が見込めるかもです。

 

ご参考までに。

 


『集』
お名前(姓) *
お名前(名) *
メールアドレス *

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ