貴重な期間を無駄にしない

時間というものは神様が万人に平等に与えてくれた
最も価値のあるものの1つです。

 

お金を稼ぐということは
時間を買うためとも言えなくありません。

 

どこかへ行くにしても歩いていかずに
電車に乗ったり、タクシーに乗ったりするのは
疲労を抑えるという効果と共に
時間を短縮するという効果があります。

 

つまり、お金を出して乗り物を使うことで
時間を買っているわけですね。

 

また、新幹線でグリーン車にわざわざ乗ったりするのも
ステータス(見栄?)であったりするかもですが
車中での仕事の効率を最大限に発揮するため
であったりもします。

 

これも、やはり時間を買っていることに
他ならないわけです。

 

そして、創出した時間を使って
さらにお金を稼ぐことも出来ますし、
余暇の時間を充分に楽しむこともできます。

 

自由に使える時間の多さが
豊かさ、幸せ度の量りであると言っても良いでしょう。

 

もちろん、そんな貴重な時間を
有意義に使えるだけのマインドを
持ち合わせていることが前提条件ではありますが。

 

このように時間というものは
何物にも変えがたい貴重なものである
言えるわけですね。

 

そんな貴重な時間を無駄にしかねない
そんなトラブルに最近見舞われました。

 

それは高速道路上での
車のオーバーヒートです。(汗)

 

高速を車で走っていると
水温系がジワジワ上がってきたんですね。

 

と言うか普段からあまり気にしていないものですから
気付いた時には温度が結構上がった状態でした。

 

しかしながら、ここは高速道路上です。
おいそれと止めるわけにはいきません。
(実際には危なければ路肩に止めてOKとのことでした)

 

なので、避難地点があれば・・・
と思っていたのですが、
暫くすると水温計の針がどんどん下がってきました。

 

あれ?

 

車の構造に全く興味のない私にとって
それが何を意味するものか全く分かりませんでした。

 

下がったから、ま、いいか。

 

このような感覚で私はまた気にすることなく
普通に車を走らせていたのです。

 

そうこうしている間に
またしても水温計が上がり出し、
完全に振り切ってしまいました。
もう、いくら待っても針が
下がってくれることはありません。

 

焦った私はどこかで止めようと・・・
もしかすると、その間に避難地をいくつか
通り過ぎたかもしれません。

 

実は、オーバーヒート時の
水温計が上がりきってから、一旦下がり、
再度上昇するという現象には意味があるのですね。

 

初めの上昇は・・・
水温が上がり出しているということ

 

その後下がり出す現象は・・・
水そのものが何らかの原因でなくなってしまった状態。
つまり、水温を計る対象がなくなったために
温度計が下がったということです。

 

さらに、再度上昇したということは・・・
もう、危険極まりない状態で
水がない状態であるにも拘わらず
中の温度が熱くなりすぎているということですね。

 

釜を空焚きしているような状態です。

 

そんな状況の中、なんとかかんとか
避難地に辿り付く事ができ、
JAFサービスのお世話になったわけですが。

 

恐らくエンジンは取り替える羽目になりそうです。(泣)

 

で、ここからが本題なのですが。
(長!ここからかい!)

 

車を避難地に止めてから
JAFサービスがくるまでの時間。

 

JAFサービスに車の移動をしてもらう時に
同乗させて頂いている時間。

 

これらの時間をただボーっと過ごしたのでは
非常にもったいないなー
と思った次第です。

 

幸いにも私は必ず1~2冊の本は
常に持ち合わせておりますし、
ipadには相応の資料も詰め込んでありますので
時間を全く無駄にしてしまうということは無かったのですが。

 

しかしながら、同乗させて頂いたJAFサービスの方が
結構話好きなようで。。。
車中では本を開きながらほとんど読むことなく
お話をお伺いしていたというわけです。(汗)

 

まー先のオーバーヒートの原因なるものを
詳しく教えていただきましたので
それはそれで勉強になったので良かったのですが。

 

とにもかくにも、どんなことから
貴重な時間を奪われることになるかもしれませんので
時間を無駄にすることのないように
インプットできるものは常に持ち合わせておきましょうね
というお話でした。
(本題短か!)

 


『集』
お名前(姓) *
お名前(名) *
メールアドレス *

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ