集客ー見込み客の集め方 ⑥紹介

無料オファーのご案内を
見込み客に届ける方法として
①Eメール
②FAXDM
③ランディングページ
④ジョイントベンチャー
⑤名刺交換
を使う方法をシェアさせて頂きました。

 

今回は、6つ目の方法です。

 

⑥紹介

 

あらゆるセールスにおいて
『紹介』ほど成約率が高くなることは
ご存知のことと思います。

 

相手からの信用があり程度満たされている状態から
セールスを展開することが出来るわけですから
当然のことと言えば当然ですが。

 

では、どのようにすれば『紹介』を
増やすことが出来るのでしょうか?
それは・・・

 

「紹介してください」

 

このたった一言を言うということです。
この一言を言うか言わないかで
紹介してもらえる絶対数は大きく変わるでしょう。

 

あなたが紹介する立場になって考えて下さい。
「紹介してください」
とお願いをされて悪い気はしないのではないでしょうか?

 

そもそも「紹介してください」と
お願いをされるということは
自分が信頼されている証でもあるわけですから
決して嫌な気にはならないものなのですね。
ある場合を除いては・・・

 

では、このある場合とはどのような場合でしょうか?

 

もうお分かりですよね。
そうです。「紹介してください」とお願いをしてきた相手が
信頼に値する人間でない時ですね。

 

そのような場合は自分の大事なクライアントであったり、
その他の取引関係者を紹介するのに躊躇するはずです。
と言うよりも紹介したくないはずですよね。

 

だからこそ大事なのは
あなたが信頼されるに値する人物にならないと
いけないということです。
そういう意味においては日頃から
信頼されるに値する行動を起こしておく
ということが非常なに重要なことは
お分かりいただけるでしょう。

 

約束等を守ることはもちろんのこと
何か助けて頂いた時にはお礼をする、
何かアドバイスを受けた時には状況報告をするなど

 

このような日頃からの行動が大事なのですね。
相手の方が「特別扱いされている」と思うような
対応ができれば言うことなしでしょう。

 

以上で紹介して頂く為のポイントを
お話させて頂きました。

 

あなた自身が信頼されるに値する行動を取りつつ、
積極的に「紹介してください」と
お願いしていきましょう。

 

確実に紹介による見込み客が増えていくはずです。

 

 

追伸

 

積極的に「紹介してください」とお願いするとは言え、
相手をしっかりと選ぶことも重要です。
基本、紹介者以上のクライアントを紹介されることはないので。

 


『集』
お名前(姓) *
お名前(名) *
メールアドレス *

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ