集客ー見込み客の集め方 ⑤名刺交換

無料オファーのご案内を
見込み客に届ける方法として
①Eメール
②FAXDM
③ランディングページ
④ジョイントベンチャー
を使う方法をシェアさせて頂きました。

 

今回は、5つ目の方法です。

 

⑤名刺交換

 

異業種交流会などに参加すると
たくさんの方と名刺交換することになると思います。

 

当然のことながら
この名刺交換をした方々も
見込み客となる対象となり得ます。

 

ただ、誰でも彼でもというわけには行かず
やはり、自身の顧客となる要素があるかどうか
はきっちりと見極めねばなりません。

 

ポイントは相手に自身のことを受け入れる姿勢が
あるかどうかということですね。

 

相手が自身のことを受け入れる為には
最低限、自身に対して興味を
持ってもらわねばなりません。

 

そこで、大事なのは・・・
『聞く』ということです。

 

人は自分の話を聞いてくれる人に
好意を持つものですし、
好意のある相手の話には耳を傾けるものです。

 

確か、名著『人を動かす』の中に
次のような一説があったと記憶しております。

 

「どんな褒め言葉に惑わされない人でも
自分の話に心を奪われた聞き手には惑わされる」

 

つまり、真剣に相手の話を聞くことで
相手はあなたのことを信じる対象として認識し、
あなたの話を信じるに値すると理解するというわけです。

 

『聞く』という行為は受動的と思われがちですが、
実はそうではありません。

 

それでは反応の選択のレベルが低いと
言わざるを得ないでしょう。

 

『聞く』という行為は能動的であって初めて
その効果は最大限に発揮されるものであり、
お互いに最高の反応の選択ができる
条件が整うというわけです。

 

あなたは真剣に、能動的に聞くからこそ
その話が必要なものか、不要なものかを
判断することが出来ますし、

 

相手もあなたが真剣に、能動的に聞いてくれるからこそ
持ちうる全ての情報を正確に伝えようとしますし、
さらに価値ある情報を提供しようと
考えるというわけです。

 

ということで、名刺交換した相手も
しっかりと見込み客となり得るように
対応することが大切だというわけですね。

 

ご参考までに。


『集』
お名前(姓) *
お名前(名) *
メールアドレス *

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ