お金を掛けてアクセスアップを図る流れ②

前回、お金を掛けてどのような流れで
アクセスアップを図っていくのかという部分の
STEP1 PPC広告についてお話させていただきました。
今回はその続きです。

 

STEP2 SEO

 

SEOというのはご存知かと思いますが
あらためて簡単に説明しておきますと
検索エンジン最適化のことで
検索したときに出る検索結果、
この結果に対して上位表示されるような
対策を施していくことを言います。

 

SEOで上位表示させるメリットは
当然のことながら無料で集客できるということ、
そして、ブランディングに繋がるということ、
これらのようなメリットがあります。

 

逆にSEOを施していくことのデメリットは
時間が掛かるということ、
やはり、先行者が有利であるということ
これらのデメリットがあります。

 

つまり、圧倒的なパワーを持ったサイトと
同じ土俵で(同じ検索キーワードで)
どれだけ時間を掛けて頑張ったとしても
なかなか思うような結果を得ることはできません。

 

また、昨今のアルゴリズム的に言えば、
外部リンクが昔ほどの効果があるかと言うと・・・
結構な場面で「あれっ?」というような話もあり、
(最近ではペンギンさんや、パンダさんもありましたね。)
自作自演の外部リンクなどはやらない方が良いです。

 

やるなら外部リンクを買う、
もしくは外部リンクを張って記事更新を続けてくれる
外注スタッフを雇うという対策を取る必要があるのかなと。

 

そんな感じでSEOも日を負うごとに複雑さが増し、
専門業者でないと何が一番正しいのかなんて
分からないというのが正直なところです。

 

もっと言えば、専門の業者そのものを探すことも
これまた難しいわけで、たいがいが・・・
といような所でしょうか?

 

究極のところ、そのアルゴリズムを
完全に把握しているのは検索エンジン様であって
具体的に言えばグーグル様なのですね。

 

なので、万全な対策を!ということであれば
グーグル様に直接聞いて・・・
なんて労力が無駄なことは誰もが承知しているわけで。

 

と言うか、そもそもSEOというもの自体が
グーグル様の意図に反する行為なのですから。

 

本来、検索エンジンの究極的な話をすると
検索エンジンで調べたことに対して
知りたい内容が一発で最適なものを1つだけ提示する
といったところが本当なわけですよね。

 

にも関わらず、SEOというのは
検索したことに対して最適化したサイトであるかのように
評価してもらうべく、コンテンツとは別の部分で
調べて知りたい内容とは別の力を加えていくことですよね。

 

これってッどうなの?
っとことです。

 

明らかに検索エンジンの目指すべき方向とは
違うことは言うまでもないでしょう。

 

あえて言うなら、検索に対して最適なサイトを
表示させるべくアルゴリズムを組んでいるにも関わらず
そのアルゴリズムに順応するような歪曲されたサイトが
作られるから、それを排除するがために
新たなアルゴリズムが組まれていく
というようないたちごっこの側面もあるわけで。

 

結局のところ、質の高いコンテンツを書き溜める
といった対策が一番ベターなのかなといった所です。

 

ということでSEOを!と言いながらも
最も最適なSEOは質の高い記事(コンテンツ)を
蓄積していくことこそが重要だということです。

 

あわせて、結果を出してくれるSEO業者に
SEOを任せるといった方法が良いのではないでしょうか。

 

LP


『集』
お名前(姓) *
お名前(名) *
メールアドレス *

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ