ビジネス戦略③差別化ー3つの視点

前回にビジネス戦略を考える上で
差別化することの重要性をお話させて頂いたわけですが。

 

今回は、どうやって差別化していけば良いのか?
ということについてお話させて頂きます。

 

ポイントは3つ。

 

1.オペレーショナルエクセレンス
2.製品リーダー(プロダクトアウト)
3.カスタマーインティマシー(マーケットイン)

 

ということになります。
1つ1つ説明していきますね。
お寿司屋さんを例にしていきます。

 

1.オペレーショナルエクセレンス

 

これはお寿司屋さんに例えると回転寿司ですね。
そこそこの商品を
そこそこの価格で
大量に売る
というビジネスモデルです。

 

2.製品リーダー(プロダクトアウト)

 

これはお寿司屋さんに例えると銀座のお寿司屋さんですね。
「うちの商品のことを分かる奴だけが来い!」
というような自分の価値観に合ったお客様だけを相手にする
というビジネスモデルです。

 

3.カスタマーインティマシー(マーケットイン)

 

これはお寿司屋さんに例えると近所のお寿司屋さんですね。
いわゆる顧客志向の強い、お客様の価値観を最優先した
ビジネスモデルです。関係性ビジネスですね。
これらの観点から自分のビジネスは
いずれのビジネスモデルを選択するべきかを
先ずは考えねばなりません。

 

ちなみに、このお寿司屋さんの話で
簡単な問題を出しますと・・・

 

これらのお寿司屋さんで基本的に取り扱っているのは
『にぎり寿司』だとします。
そして、お客様から
「ちらし寿司を出して欲しい」
という注文があった場合、各々のビジネスモデルでは
どういった対応をするべきでしょうか?

 

少し考えてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

考えて頂けましたでしょうか?
では、答えです。

 

1.オペレーショナルエクセレンス
⇒断るべき

 

2.製品リーダー(プロダクトアウト)
⇒断るべき

 

3.カスタマーインティマシー(マーケットイン)
⇒受けるべき

 

ということになります。
分かりますよね。
これで少しイメージ出来たのではないかと思います。

 

1.の『オペレーショナルエクセレンス』では
システム化された中で規格外のものを取り扱うことは
不可能ですし、現実問題として対応ができません。

 

2.の『製品リーダー(プロダクトアウト)』では
対応しようと思えば出来ないことはないですが、
対応することで高いポジショニングを保つことで
確立してきたビジネスモデルを
根底から覆すことになってしまいます。

 

なので、、、
3.の『カスタマーインティマシー(マーケットイン)』
のビジネスモデルであれば顧客志向を掲げ、お客様のために
臨機応変に対応することこそが使命であるという側面があるので
受け入れるべきであるということになります。

 

そして、我々中小零細企業が取るべき戦略の中で
1.の オペレーショナルエクセレンスは
あり得ないことは分かりますよね。

 

つまり、選択肢としては2.もしくは3.の
いずれかしかないわけです。

 

では、2.や3.を選択する中で
どうやって差別化して行けば良いのか?

 

長くなりましたので続きは次回ということで。

 

LP


『集』
お名前(姓) *
お名前(名) *
メールアドレス *

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ