ホームページの成約率を上げるために①

ホームページ(ランディングページやセールスレターなど)
を運営する上で多くの方が持つ悩みとしてあるのが

『成約に至らない(至る確立が低い)』ということです。

この場合の成約とは
・クリックしてもらうこと
・メルアドを登録してもらうこと
・商品を購入してもらうこと
です。

では、どうすればホームページの
成約率を上げることができるのでしょうか?

この答えはとてもシンプルで
1.足りない要素を追加する
2.余計なところを排除する
この2点になります。

当然と言えば当然ですよね。
ただ・・・

実はそもそもとして抑えておくべきポイントがあります。
それは、『売れない商品は売れない』ということです。

どれだけ素晴らしいランディングページが出来ても
どれだけ素晴らしいセールスステップが描けても
どれだけ素晴らしいセールスレターを作成できても

さらに言うなら
どれだけ質の良い見込み客を集めることが出来ても
売れる素地のない商品は売れません。

仮に売れる素地のない商品が売れる(売れた)とするなら
それは詐欺に他ならないわけで。

それこそ道端に転がっている石コロを
あたかもダイヤモンドであるかのように
見せたり、伝えたりして売るようなものです。

これって売れるかもしれないし、
と言うかかなりの確立で売れますよね。
そして、それって詐欺ですよね。

ということです。

なので、マーケティングというものは
決して売れる素地のないものを売れるようにするための
魔法のランプでもなんでもなく、

売れる素地のあるものが売れない時に
売れるようにするものであり、

売れている商品を
もっと売れるようにするものであります。

なので、ホームページの成約率を上げよう!
と意気込む前にまず抑えておきたいことは
『売れる素地があるかどうか』
ということです。

意外と見落としがちと言うか
マーケティングさえ勉強すれば
何だって売れるというような
誤解されている方もいらっしゃいますので
共有がてらお伝えしておきます。

 

LP


『集』
お名前(姓) *
お名前(名) *
メールアドレス *

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ