集客のためにはアクセス?or成約率?

インターネットで集客をするためには
1.アクセスを集めること
2.連絡先を入手すること
のステップを踏む必要があるわけですが。

 

当然のことながら集客力を上げるためには
アクセス数を増やすか
成約率を上げるか
このいずれかしかありません。

 

では、どちらを上げれば効率的な
集客ができるのでしょうか?

 

結論から申し上げますと、
先ずもってやるべきは成約率をあげることです。

 

これは何度もお伝えしていることですが、
成約率が低い、つまり、
連絡先であるメールアドレスを提供してくれる
確立が低いホームページは、

 

穴の空いたバケツで水をすくっている
ようなものだからです。
(何度このたとえを使ったことか 笑)

 

そんなバケツで水をすくった所で
わずか底が残っている部分に
水を溜めてくみ上げることしかできませんからね。

 

非効率極まりないことこの上ないです。

 

成約率の悪いホームページ(ランディングページ)
というものは、まさしくこの状態と同じ事なのですね。

 

だからこそアクセスを集める努力をする以前に
成約率の高いホームページを作る努力をするべきなのです。

 

ということでホームページを作るにおいては
バケツの穴をふさぎましょう!ということで。

 

宜しくどうぞ。

 

LP


『集』
お名前(姓) *
お名前(名) *
メールアドレス *

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ