DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)の3つステップ

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)を
展開していくには次の3つのステップがあります。

①提供する商品やサービスに関心のある見込み客を集め、

②信頼関係を構築し

③顧客となってもらう(見込み客⇒顧客)

と、このような流れを経ます。
そして、1度顧客になって頂いたからには
ロイヤルカスタマー(上級顧客)となってもらうべく

②さらなる、信頼関係を構築し

③上級顧客となってもらう(顧客⇒上級顧客)

というように②→③のプロセスを
繰り返し行っていきます。

ここで、①~③のプロセスについて
簡単に説明しておきますね。

その前に大前提として知っておいて頂きたいことがあります。
それは・・・

『商品やサービスはお客様の抱える
問題を解決するために存在する』
ということです。

食べること、服を着るという基本的な欲求こともそうですし、
学びたい、成長したいという成長欲求もそうです。

この大前提を踏まえた上で、

①提供する商品やサービスに関心のある
見込み客を集めるということは、
無知の状態であるものを
無関心の状態にするということです。

例えば、全然勉強をしない脳ミソの陳腐化を
発見し、指摘してあげることです。

失礼しました。
少し言葉が過ぎましたね。

②信頼関係を構築するということは
検討状態に入ることです。

例えば、先の全然勉強をしない方が
脳ミソを良くするために
どんな教材を買おうか?
はたまたどの塾に行こうか?

受験ならどの中学、どの高校、どの大学に
進学しようか?

これらの方法を選択するということですね。

少し余談になりますが
一般的な営業はここの状態にある方を探します。

③顧客となってもらう(見込み客⇒顧客)
ということは最終的な評価を下すということです。

つまり、先の②の説明の中にあった
数ある方法の中から自分に合っているもの、
費用対効果が高いと思われるものを選択する
ということですね。

このようにお客様の抱える問題を
発見し、気付かせ、解決するために
商品やサービスを提供する。

そして、このプロセスを繰り返すことで
お客様により大きな価値を感じて頂き、
ロイヤルカスタマー化していく。

これがDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)
を実践するためのステップっだということです。


『集』
お名前(姓)  *
お名前(名)  *
メールアドレス  *

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ