優れた集客方法② PPC広告

視点を変えた場所から見込み客を集める
優れた方法の1つとして
Facebook(ページ)を利用した集客方法
以前にお話させて頂いたわけですが。

今回はもう1つの方法をお伝えします。
それは・・・

PPC広告を使った集客です。

PPC広告とはPay Per Click
(ペイ・パー・クリック)の略で
ページに表示された広告をクリックされる毎に
課金される広告形態のことです。

分からない方はググッテ下さいね。
すぐに調べることが出来ますので。

代表的な広告先としては
・グーグルアドワーズ
・ヤフーリスティング
の2つがあります。

簡単に言うと、検索サイトの検索結果の
ページにある広告枠であったり
その他のサイトの閲覧画面に表示される
ディスプレイ広告枠に
自社サイトの広告を掲載することで

自社サイトへのアクセスをお金を使って
集める方法ということになります。

ここで抑えておくべきポイントは
1人集客するのにどれだけのコストが掛けられるか?
ということです。

集客に掛かる費用が合えば、
どんどん利用すべきですし、
そうでないのなら利用を止める。
ただ、これだけです。

そこで重要なのがコンバージョン率なのですね。
要は自社サイトにアクセスしてきた見込み客
(実際にはアクセスしてきただけなので
見物客くらいのニュアンスですが。)
の内、どれくらいの割合でこちらの求める行動を
起こしてくれたのかということです。

この割合が低ければ無駄なコストが多く掛かる訳ですし、
高ければ広告の費用対効果のパフォーマンスが良い
ということになります。

なので、このコンバージョン率を高くすることが
先ずは重要になってきます。

水を汲むバケツの底が空いているなら
先ずはそこを塞ぎましょうということですね。

その為にもPPC広告を利用して
アクセスを集める先のサイトは
LP(ランディングページ)と呼ばれる
目的を1つに絞ったサイトにする必要があります。

このようにサイトへアクセスしてきた方に
行動を起こしてもらいやすいサイト、
LP(ランディングページ)を作成し、
且つ、このLPのコンバージョン率を
さらに高めていくことで
PPC広告を打つキャパが大きくなります。

PPC広告に掛けられる費用が多くなれば
結果、見込み客をたくさん集めることができる
というわけですね。

アクセスをお金で買うことによって
一気に売上を拡大できるという点では
非常に優れた集客方法と言えますから

費用対効果の見合うLPを作成することを前提に
PPC広告はどんどん活用すべきですね。

 


『集』
お名前(姓)  *
お名前(名)  *
メールアドレス  *

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ