胡散臭さのないデザインやコピーに気を使う

胡散臭いサイトありますよね。
チラシでもよく見かけます。

「誰かこのチラシをみて申し込む人いるのかなー」
なんて思うような胡散臭いサイトやチラシが。

では、どのようなサイトが胡散臭さの無いサイトなのか。
ポイントは2つ。
デザイン(配色)とコピー(メッセージ)です。

【胡散臭さのないデザイン(配色)】

胡散臭さがないデザインとは
基本的にバックが白基調で黒の文字使いのものです。
そして目立たせたいポイント部分を赤で表示する。
このような構成のものがいいですね。

まさにシンプルイズベスト。

ごちゃごちゃ色を使ったものは
凝ったデザインのように見えて
胡散臭さを醸し出しやすいです。

もちろん、様々な配色を駆使して
尚且つスッキリとしたデザインのものもありますが
そこまでのクオリティーを求めるならば
単価の高いデザイナーを厳選してお願いすることになります。

なので、デザインに高いコストを掛けられないのであれば
まずはシンプルなサイトデザインを作成するのが良いですね。

【コピー(メッセージ)】

メッセージについてはたくさんの項目に渡って
チェックすべきことがありますので
ここでは、その項目だけ挙げておきます。

・続きを読みたいヘッドラインになっているか?
・得られるベネフィットが明確になっているか?
・共感できるメッセージになっているか?
・伝わるメッセージになっているか?
・使用方法が明瞭になっているか?
・確かな信頼性があるか?
・行動障害は排除されているか?
・行動方法が明確になっているか?

詳細はまた別記事にて。

サブコンテンツ

このページの先頭へ