成功するために潰すべき失敗条件③~⑤

前回は成功するために潰すべき失敗条件②として
『群れるな!』
というお話をさせて頂きました。

“群れる”ことでその場限りの
幸せを優先するような無駄な時間の使い方は
避けるべきだということ。

そして、自身を成長させてくれるような
そんなコミュニティであれば
それは社会的にも存在価値のあるので
当然のことながらそのような“群れ”には
積極的に参加するべきであることを
お話させて頂きました。

で、今回は引き続き
成功するために潰すべき失敗条件を上げていきます。

③刺激に対する反応の選択

反応の質を高めることは成功者になる上で
もっとも重要な要素の1つであります。

以前に書籍のご紹介をさせて頂きました

マインドセット-お薦めビジネス書『7つの習慣』
お薦めビジネス書『7つの習慣』とは

こちらの記事でも紹介させて頂いてますとおり
『7つの習慣』は私がお薦めする自己啓発系の
ビジネス文書の中でも最も読んで頂きたい本です。

中でも第1章の『主体性を発揮する』が大事であり、
刺激に対する反応選択が重要である事が説かれています。

起こったことに対してどのような反応を選択するか?
ということを常に意識して行動するように
しなければなりません。

逆に言うと『反射的に反応してはいけない』
ということです。

何かが起こった時にすぐさま反射的に反応するのではなく
一旦考える、思考するというプロセスを挟むようにする
ということですね。

では、何を思考するのか?ということですが、
これは極めてシンプルで『その時のベスト』を
選択するということです。

この習慣を身につける事が非常に重要であり、
だからこそ反応的になる習慣を捨てる必要があるわけです。

④檻の中からの脱却

人は

・自由な時間がない。
・自由なお金がない。
・仕事に集中する環境がない。
・家族の理解を得られない。
などなど

これらの何らかの制約条件に捉われがち。
社会の法律であったり
世間一般にある家族のあり方であったり
そして・・・
会社の規則であたり。

これらの制約によって自身をがんじがらめにして
本来取るべき行動が取れないということがあります。

この考え方は客観的に見て
どのように感じますか?

聡明なあなたのことですからこの考え方には
大きな矛盾があることに気付くはずです。

そうですね。本来あるべきは
取るべき行動を取るためには
自己犠牲を払ってでも
行動する必要があるはずです。

つまり、それ相応のリスクを背負って
取るべき行動を取る覚悟がないと
自身をがんじがらめにしている制約を
取り払うことは出来ないのです。

だからこそ甘い自己防衛的な
制約条件などは自らの手で、自らの意思で
取り払うべきなのです。

⑤サラリーマン気質からの脱却

誰も黙ってあなたを
お金持ちにしてくれるわけではありません。

あなたがお金持ちになるためには
あなたが行動しないといけないし、
あなたがお金を作り出していかねばなりません。

このことを心底理解し、
このことの責任が持てるか大事なのですね。

要はお金持ちになりたいのに
お金持ちになれないのは
社会のせいでもなく、会社のせいでもなく
ただただ、己の責任であるということです。

このことを腑に落とすことが重要です。

サラリーマン気質の強い人は
得てして依存心が強いです。

会社に来さえすればお給料がもらえる。
これは会社の命令だから仕方なく・・・
ミスってしまった。まー会社がなんとかしてくれる。
などなど

とにかく何でもかんでも
他の責任にして自身で責任をとることはしません。

このような気質の持ち主が
果たして成功を掴むことが出来るでしょうか?

自身でビジネスをする以上
何事も全てが自己責任です。

他のリソースを利用することは
ビジネスを効率的に回すという観点においては
有効な方法ではありますが
その成果に対する責任は全て自身で負う。
このような気質を持ち合わせるべきですね。

今回は3つの
『成功するために潰すべき失敗条件』
についてお話させて頂きました。

しかし・・・

まだまだ続きます。(汗)

 


『集』
お名前(姓)  *
お名前(名)  *
メールアドレス  *

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ