集中状態を持続する方法

ゴールデンウィークの谷間で
今日は仕事という方もいらっしゃるかもしれません。超大型で連休となっている方は良いですね。
羨ましい限りです。

とは言え、私は普通に毎日淡々と仕事をしておりますが。

なんだかんだと言って休日の方が
はかどる仕事もあるわけで。

たとえば、コンテンツの作成などは
一人で集中できる時間をたくさん取れるほうが
効率が良いし、精度の高いものが出来ます。

もちろん、平日でも同様に集中できる時間を
意図的に作るわけですが
休日のそれと比べると持続するのが難しいです。

では集中状態を削いでしまう原因は何でしょうか?

思い当たるだけでも色々ありますよ。
電話
メール
社員さんから声掛け
急な来客
その他雑音もろもろ
などなど

これらは私の集中力を簡単に削いでしまいます。
しかも私に無断で。(笑)

平日ですとどうしても避けられない部分もあって
集中状態のブツ切りが起こってしまいます。

集中していない状態から集中状態のなるまでに
2~30分の時間を要するわけですから
集中状態が簡単に切られてしまうことは
非常に効率が悪いわけですね。

ハッキリ申し上げてサラリーマンで
仕事のために出社はすれど
丸一日集中せずに帰ってしまう
という方はかなり多いのではないでしょうか?

これは何もサラリーマンが仕事をしない!
と言っているわけではなく、
そのくらい集中状態を保つのが難しい環境にある
ということを言いたいのですね。

では、どうすれば集中状態を保つことができるのか?

この問題を解決することは非常に簡単で
休日に集中できて仕事がはかどる
ということからも分かるはずです。

それは先に集中状態を削いでしまう原因
として上げたものを排除する事です。
つまり、

電話が鳴らないようにする。
(聞こえないようにする。出ないようにする。)
メールを見ないようにする。
社員さんから話しかけられない状態にする。
(社員さんとの打ち合わせ時間を決めておく。)
急な来客には対応しない。
(もちろん、時と場合によりますが)
集中するに値する環境を作る。(確保する)

ということですね。
いささか無茶だと思われるかもしれませんが
やらなければ集中状態を保つ精度を落とすだけです。

まー私も全部出来ているわけではありませんが。

ということで仕事の効率を最大限に引き上げるためにも
できる限り集中状態を保つ工夫をしてみてください。

『集』
お名前(姓)  *
お名前(名)  *
メールアドレス  *

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ