ランディングページ(LP)を作る

インターネットを活用して見込み客を集めるために必要なのは
ランディングページです。
(スクイーズページとも言います。)

ランディングページとはそのページにアクセスしてきた
見込み客の情報を得るためのページのことです。

この場合の情報とは見込み客の
・メールアドレス
・電話番号
・FAX番号
・住所
など、こちらから見込み客にアクセスするための
連絡先のことです。

では、どのようにして見込み客の情報を得るのでしょうか?
それは・・・

物々交換です。

見込み客から情報を得るために
こちらからある情報をお渡しするのですね。
つまり、見込み客の情報とこちらからお渡しする
ある情報を交換するのです。

ここで言うある情報とは・・・
結論から言うとコンテンツです。

コンテンツをお渡しする代わりに
見込み客に向けてあなたの情報をくださいね。
と提案するわけですね。

そして、その提案にお得感を感じた方、
もらえる情報が自身の情報と交換するに
値するコンテンツだと判断すれば
見込み客は自身の情報を渡してくれるのです。

その情報のアウトプット先が
ランディングページにあると。

なので、インターネットを活用して
見込み客の情報を獲得したい場合は
まずもってランディングページを作る
必要があるというわけですね。

あなたがやるべきは

・お渡しするコンテンツを用意する。

・ランディングページを作成する。

まずはここからです。

作成したランディングページにアクセスしてきた見込み客が
あなたの用意したコンテンツに魅力を感じれば
自身の情報を渡してくれますし、
お渡し頂けないのであれば、あなたの渡そうとしている
コンテンツに価値を感じられなかたということです。

いずれにしても、情報を入手するための籠がなければ
どんなに欲しいものがあったとしても
そして、それを自らくれてやると渡されても
ストックしておくことは出来ません。

いくら川の水を汲もうと思っても
肝心のパケツがなければ
水を汲むことはできませんよね。

ということで、
まずはストック場所であるランディングページを
作成しておく必要があるというわけです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ