インターネットを使って集客する3つのステップ(前編)

インターネットを使って集客するメリットは
①安価である。
②効果測定がしやすい。
③変更が容易である。
ということが上げられます。

⇒ インターネットを使って集客する3つのメリット

これらのことから集客するために
インターネットを利用しない選択肢はない
と言っても過言ではありません。

投下できる資本が少ない中小企業であればなおさらです。

では、インターネット使って集客する為には
どのようなステップを踏む必要があるのでしょうか?

基本的には次の3つのステップを踏むことで
効率的に、且つ、効果的に集客することができます。

①オファーをする。
②サイトを作る。
③アクセスを流す。

この3つのステップを踏むことで
集客(マーケティング)の基本構成は出来上がります。

では、各々簡単に説明していきますね。

①オファーをする

オファーとは提案のことです。
将来の顧客となり得る見込み客を集める為には
こちらに興味を持ってもらわなくてはなりません。

興味を持ってもらうためには
周りと同じような、何ら変わりの無いものを
提供していても駄目ですよね。

当然のことながら
あなたからの提案を受け入れたくなる
“何か”がないといけないわけです。

そこでキーワードとなるのが『無料』。

『無料』で提供できるコンテンツを用意し、
それをオファーすることで興味をもって頂ける可能性を
高くすることができます。

抑えておきたいことは『無料』だからと言って
価値の低いものではいけないということです。

あなたから初めて受け取ったコンテンツが
価値の低いものであったなら・・・
それが例え無料で提供したものであったとしても
その価値判断がそのままあなたの評価に繋がります。

それゆえに初めに提供するコンテンツは
無料であっても価値あるものにしないといけないのです。

さらに言えば、価値あるものを無料にするからこそ
「無料でこのクオリティなら有料のものは・・・」と、
あなたの価値を大きく引き上げることに繋がるというわけです。

そこで1つ注意しておくことがあります。
それは・・・

オファーするものは、その先であなたが売ろうとする
商品やサービスに関連のあるものにするということです。

そして、その関連のあるものが見込み客にとって
“欲しいもの”であれば高い確率でオファーを
受け入れるという流れを作り出せるということです。

ということでオファーの内容は
無料にする(もしくは安価にする)
後にセールスする商品やサービスに関連のあるものにする
見込み客が欲しいと思うものにする
ということを意識してください。

長くなってしまったので
②サイトを作る。
③アクセスを流す。
については次回ということで。

サブコンテンツ

このページの先頭へ