見込み客を集める方法

以前にお金を得るためにとても重要な
『売る』というプロセスに
時間を投下しないといけないというお話をしました。

しかも効率よく。

そして、その為にも見込み客を集めることが
重要になってきますよと。

ここではっきりしておきたことは
見込み客とはどういう客か?
ということです。

勘違いしてはいけないことは、見込み客とは
『商品やサービスを買いたい人』
ではないということです。

そもそも商品やサービスを買いたいと思っている人は
自らその商品やサービス探しています。
ただひたすらセールスされるのを
待っているようなことはしません。

既に顧客になっているか、もしくは
自ら顧客になろうとしているのです。

そのような方にわざわざセールスする
必要があるのでしょうか?
ありませんよね?

逆にセールスを仕掛けることで
購買意欲を削ぐことにもなりかねません。

つまり、商品やサービスを買いたい人は
見込み客ではないということです。

では、見込み客とはどういう方のことでしょうか?

見込み客とは『問題を抱えている人』です。
お客様(この段階ではお客様ではないですが)が
抱えている問題をあなたの商品やサービスで
解決できそう、解決できるかも
と感じる方が見込み客となるのです。

以前に『商品やサービスは問題を解決するためにある』
と申し上げました。

お客様は常日頃から自分の抱える問題を
いかにして解決しようかと考えています。
その為にあらゆる情報を得ようとしているわけですね。

つまり・・・

お客様は自分が抱える問題を解決するための情報を
求めているわけです。

このことから分かることは
見込み客を集めるための良い方法は
『情報を提供する』ということです。

お客様が商品やサービスを購入するための
基準となる情報を提示することで
その商品やサービスに興味のある方は
その情報を得たい!と思うわけですよね。

そこで、あなたはお客様にその情報を提供する代わりに
お客様の情報を頂くというわけです。

ここで言うお客様の情報とは
メールアドレスや電話番号、住所など
こちらからお客様にアクセスするための連絡先のことです。

このお客様情報を頂く事で
いつでもこちらから情報提供することができ、
お客様との関係構築をスタートさせることができる
というわけです。

つまり、見込み客となって頂けるということです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ