名刺交換から見込み客にする方法(その前に②)

未だ面識の無い方に見込み客になって頂く為に
リアルで初対面した時に行う『名刺交換』から
いかにして見込み客に転換していくか?

ということで事前準備として
エレベーターピッチを作成しましょう
というお話を前回させて頂いたわけですが。

⇒ 名刺交換から見込み客にする方法(その前に①)

実はもう1つやっておいて欲しいことがあります。
それは、、、

自己紹介シートを作成しておくということです。

これは異業種交流会やその他リアルで対面した時に
自身のことを一生懸命にその場で語るのではなく
シートを持ってして相手に伝えるのに利用します。

「せっかくリアルで対面しているのだから
その場でキチンと自己紹介すればいいのでは?」
という声が聞こえてきそうですが。

実は自己紹介は長々としないほうがいいのですね。
もちろん、相手の方がその場であなたのことに対して
非常に強い関心を持たれて
「もっとあなたの話が聞きたい!」
ということであれば、それに呼応することは
問題ないのですが、

それでもできる限り自身のことを多く語るのは
控えた方がいいですね。

なぜなら、人は自分に一番関心があるからです。
そして、自分に関心のある方のことを
好きになる傾向にあるからなのです。

自身のことに関心のある方に対して
くどくどと自分のことを説明しても
相手には伝わりませんし、
むしろ、くどくどと説明することで
逆効果になることもあります。

ご自身の経験を振り返ってみれば思い当たるでしょう。

そもそもとして相手の方が自分に対して関心があれば
こちらから説明せずとも相手から聞いてくれますし、
相手の方に自分への関心を高めてもらうためにも
まずは相手の方の話に注力する必要があるのですね。

だからこそ自己紹介は長々としないほうがいい
と申し上げました。

さらに言えば、相手の方に関心を抱いて頂いた状態で
その場を後にしてしまう方が、より一層
自分への関心を高めることができますよね。

先程、「もっとあなたの話が聞きたい!」
ということであっても
できる限り自身のことを多く語るのは控えた方がいい
と申し上げた理由もここにあります。

ということでリアル対面する事前準備として
エレベーターピッチを作成しておくと共に
自己紹介シートを作成しておくことで
名刺交換時の効果を最大限に引き上げることができます。

次回は具体的な名刺交換から見込み客にする方法
についてお話させて頂きますね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ