インターネットを使って集客する3つ理由

ビジネスにおいてあなたが売る商品やサービスを
購入してくれるお客様が必要不可欠であることは
当然のことですよね。

そのためにも集客というものは
絶対に欠かすことの出来ない要素です。

集客する方法はそれこそ色々あって
・飛び込み訪問をする
・TELアポをする
・FAXをする
・DMを送る
などのオフラインでの活動であったり、

・ソーシャルネットワークサービスを活用する
・ブログを書く
・動画サイトを活用する
などのオンラインでの活動で集客していきます。

中でもオンライン、つまり、インターネットを
利用した集客には大きなメリットがあります。

①安価である。

リアルで動くとなるとどうしても時間が掛かりますし、
時間というものは、詰まるところコストですから
リアルで動く=コストが掛かる
ということは言えなくもありません。

しかしながら、ことインターネットを活用すれば
その部分を限りなく0に近づけることも
できなくはないわけで。

そういう意味ではインターネットを活用した
集客方法は安価で出来る言えます。

それこそ対面で10000人の方と会おうものなら
どれほどの時間が掛かるのか想像もつかない訳ですが
インターネット上であれば
10000人と同時にコンタクトを取るということも
簡単に実現できるわけです。

まさしく際限なく見込み客を集めることも
可能にしてしまうのが
インターネット集客であると言えるわけですね。

②効果測定がしやすい。

ネットを活用することの大きなメリットの1つに
効果測定がしやすいということが上げられます。

集客するために作成したランディングページの
どこが良いのか悪いのかなんてことは
アクセスを集めてABテストを繰り返すことで
容易に図ることができます。

その効果測定の指標となるものは
お客様の反応がどうであったか
ということが基本ではありますが、

ただ単に反応が良かったかどうか
という結果だけを判断材料とするのではなく、
それこそグーグルアナリティクスというような
無料のアクセス解析ツールもありますので

クリック率もさることながら
アクセス元はどこか?とか
目標コンバージョンの設定なども出来ます。

要はサイトの良し悪しなどの効果測定を
色々な角度から簡単且つ安価で
できるというわけですね。

これがリアルだとそうはいかないことは
想像に難くありません。

③変更が容易である。

インターネットを介して情報をお届けする
ということは『無形のもの』をお届けする
ことにほかなりません。

つまり、情報そのものに価値はあっても
一旦作成した無形のコンテンツは
量産するための(実際には量産するのではなく
多くの方にお届けするという意味)
コストは限りなく0に近いわけです。

つまり、何らかの修正をしたいとか
テストをするために少し変更したものを
別に用意したいということがあっても
簡単に出来るというわけですね。

これがオフラインだとそうはいきません。
印刷物であれ、CDであれ、
少しでも変更しようものなら
それ相応のコストが掛かります。

また、変更する前の有形物は
破棄する、値引き販売するなど
作成に掛けた費用を無駄にすることに
なることもあり得ます。

さらに言えば、一旦配布してしまった
印刷物やCDなどの有形物を
回収しないといけないなんえことも
場合によってはあるかもしれませんよね。

これらのことからも無形のコンテンツである
インターネットを活用した集客方法は
変更が容易であることが分かります。

このように
①安価である。
②効果測定がしやすい。
③変更が容易である。
というメリットが
インターネット集客にはあるということは
覚えておいてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ