顧客フォローの重要性

セールスが成約し、見込み客を顧客に転換する
ということが出来たのであれば
その顧客のフォローをしていくことは当然のことです。

しかしながら、その重要性をしっかりと
理解している方はそれほど多くありません。

効率よく売上を上げ、
しっかりと利益を上げていき、
合わせて利益率をも高めていくためにも
ビジネスの本当のスタートは
ここからだと言っても過言ではありません。

なぜなら、未だ取引のない見込み客に対して
販売するということが一番難しいからです。

数字上の売上公式としては
売上 = 原価 + 利益
が成り立ちますよね。

これを利益の観点から見ると
利益 = 売上 - 原価
となるわけですが、

もう少し砕いて見てみると
利益 = 売上 - 原価 - マーケティングコスト
ということが言えます。

つまり、利益を大きくするためには
販売価格を上げるか
原価を下げる、もしくは
マーケティングコストを下げる
という方法を選択する必要があるわけです。

しかしながら、新規顧客を獲得するためには
販売価格を上げるということはハードルが高くなりますし、
だからと言って、マーケティングコストを含む
原価を下げるということは顧客獲得効率を
悪くすることに他なりません。

新規顧客を獲得する上で
販売価格を上げると
原価を下げるということは
相反することで実現させにくいというのが
本当のところです。

それゆえに考え方としては
新規で獲得した顧客に
もっと買って頂く、繰り返し買って頂くことで
利益を上げていくとうのが効果的なのです。

ビジネスにおいて重要なことは
①顧客を獲得すること
②獲得した顧客を維持すること
この2つです。

このことから言えることは
顧客を獲得する段階では利益を求めず
顧客【数】の最大化を図ることにフォーカスし、

利益を上げていくために顧客を維持し、
リピートセールスを実現させるという考え方が
正しいと言えるでしょう。

例えば見込み客に販売するマーケティングコストが
顧客に販売する時のそのコストの仮に10倍とすれば

顧客に販売する時のマーケティングコストは
見込み客に販売する時の10分の1で済む
ということですから

見込み客に販売することで利益を出すよりも
顧客に販売することで利益を出すことの方が
容易である事は想像に難くありません。

それゆえに顧客の維持、フォローアップが
重要であるというわけです。

本ブログは集客にフォーカスした内容となっているわけですが
見込み客を獲得し、
その見込み客を顧客へと転換させた後、
その顧客をいかにして持続させ、
リピートセールスを実現させることこそが
ビジネスを効率的に飛躍させることに繋がるわけです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ