サイトの広告を出す目的とは?

広告を出す目的はズバリ、
成約率の高いサイトを作るが為です。

勘違いしがちなのは
広告を出すさえすればすぐにでも売上が上がる
というように考えがちなところです。

これは以前に
『成約率の低いサイトは穴の開いたバケツと同じ』
の中でもお話いたしましたが、

成約率の高いサイトを作ることこそが
早期にビジネスを安定させることに繋がります。
言うなれば成約率の高いサイトは資産であるということです。

では、広告を出すことがなぜゆえに
成約率の高いサイトを作ることになるのでしょうか?

それは、サイトの良し悪しは誰が決めるのか?
ということを考えれば分かるはずです。

サイトの良し悪しを決めるのは
デザイナーでも無ければ、
クライアントでもありません。
サイトを見る見込み客です。

見込み客が「良い!」と思ったサイトこそが
良いサイトなのですね。

だからこそサイトの出来が良いのか悪いのかは
見込み客に決めてもらう必要があるのですね。
そして、その手っ取り早い方法が
広告を出してアクセスを集めるということなのです。

ここで費用が出ないからという理由などで
無料のアクセスを集める方法に執着しすぎると、
かなりの時間が掛かりますし、
時間が掛かるということは結果
コストが掛かっているということに他ならないわけです。

それゆえにまずはサイトの良し悪しの判断が出来るように
広告を出してアクセスを集める。

そして、テストを重ね、結果検証をし、サイトの改善をする。
これを繰り返すことでサイトの出来がどんどん良くなりますし、
資産とも言うべきサイトが手に入るというわけですね。

成約率の高いサイトが出来れば
さらに広告費を掛けることが出来ますし、
無料で集めるアクセスに関しても
無駄に逃がすことなく、見込み客を集めることができます。

成約率が悪いサイトでいくら頑張って
アクセスを集めたところで無駄ですからね。
それは『成約率の低いサイトは穴の開いたバケツと同じ』
の中でもお話している通りです。

広告を出す目的は売上を上げるためではなく、
資産とも言うべき成約率の高いサイトを
手に入れるが為だということを
あらためて意識してください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ