集客するためにブログを書く

見込み客を集めるという目的も含め、
非常におすすめなのが
『プログを書く』ということです。

なぜなら、費用がさほど掛からず、且つ、
自身の資産として常に成長させられるものだからです。

ブログを書くということを聞くだけで
大層に感じる方もいらっしゃるかもしれませんし、
パソコンが・・・
インターネットが・・・
と二の足を踏む方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、ブログを書くことそのものは
日記を付ける作業をネットですることに
他ならない簡単なことです。

また、パソコンを利用してインターネットを介して、
という作業方法に関しても仕組みそのものが
非常に簡単に作られておりますので
それこそワードを打ち込むスキルさえあれば
何ら問題ありません。

ぜひ、チャレンジして頂きたいものです。

ブログを書くということのメリットは
大きく分けて4つに分けられます。

1つ目は知識の定着が図れるということです。

あなたはビジネスに携わる上で毎日何らかの
成長をされているはずです。

勉強して学んだこともそうですし、
実際に経験したこともそうです。

そういったインプットした経験や知識を
頭の中でキチンと整理して
あなたというフィルターを通して
アウトプットするのです。

そうすることで学んだ経験や知識が
しっかりと自分の中に定着し
『知っている』から『使える』に変えることができます。

どれだけ素晴らしい知識を得ていても
使えなければ意味がないですからね。

知識や経験したことの定着を図る意味でも
ブログを書くという行為は有用だと言えます。

2つ目は見込み客が集まるということです。
ここからが本来の目的に沿う内容となります。

ブログに書く内容は先にも申しましたとおり
あなたが日々勉強して学んだ知識や経験を
アウトプットしていくわけです。

すると当然のことながら
そのアウトプットした情報に興味のある方が
ブログにアクセスしてくるわけですよね。

つまり、見込み客なわけです。

以前に『集客する為にメディアを探す』
というお話をさせて頂きました。

まさしくこのブログを書くということは
集客するための1つのメディアである
というわけです。

3つ目は信頼関係の構築が出来るということです。

あなたが日々学んだ知識や経験を
アウトプットするという作業は
その行動そのものが大きな信頼となります。

ここでは簡単にブログを書け!
というようなことを言っておりますが
それは大変な作業でもあります。

世の大半の方はこの毎日ブログを書くということでさえ
ろくに行動に移せません。
移そうともしないのが現実です。
お客さんを集めることができると分かっていてもです。

それゆえにブログを書き続けるという行為そのものが
立派なことだと潜在的に意識できると共に
信頼に値するということに繋がるわけですね。

だからと言って、ただブログを書き続ければ良い
というものではありません。
しっかりとした良質なコンテンツとして
アウトプットする。これが基本です。

ブログ読者さんの為になるコンテンツを提供することで
見込み客がが顧客となり得るわけですから。

そして、最後の4つ目は、
コンテンツをまとめてパッケージ化することで
商品として提供することが出来るということです。

これは、あながち勘違いされやすいのですが
お客様にとって必要な情報を分かりやすく
まとめて差し上げるという行為は
立派なコンテンツの1つです。

これはそのコンテンツが他人のものであったとしてもです。

当然のことながら他人のコンテンツをそのまま再利用して
そのまま提供するだけであれば提供元の幹は必要ですが、
それでもなお、纏めるということそのものには
それ相応の価値があると私は考えます。

考えてください。自分が必要としている情報が
分かりやすく簡潔に纏め上げているものがあれば
あらゆる所から情報を探してくる手間を思えば
有り難いことではないですか?

時間をお金で買うということは
まさしくこういうことを言うのだと思います。

もちろん、他人のコンテンツをただ纏めるだけでなく、
自分というフィルターを通して
新たな価値として作り上げたものを纏める方が
あなたの提供するコンテンツとしての価値が
高まるのは言うまでもありません。

そして、ブログに書き連ねてきた
1つ1つのコンテンツの質が高ければ
それを纏め上げたコンテンツは
非常に高い価値のある商品となり得るというわけです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ