メッセージを伝える場所を持つ

無料のプレゼントを提供することで
見込み客の情報を頂くという流れで
あなたが売りたい商品やサービスを
購入してくれるかもしれない顧客予備軍が
出来上がるわけですが。

見込み客の情報が手に入ったからと言って
すぐさまセールスが上手く行くかというと
そうではありません。

もちろん、あなたが提供した無料プレゼントの
クオリティの高さに大満足して
すぐさま商品の購入に至るということも
あるかもしれまんが。

実際にはそう簡単には事が運ばないのが現実で
無料のプレゼントに大満足・・・
ということには至らない事のほうが多いです。

なぜなら、『無料』だからです。

人は無料のものに価値を感じません。
どんなにその中身がクオリティの高いものであっても
無料で提供されていることで
「所詮は無料のもの」と認識してしまうものなのです。

また、そんな理由から
無料で手にすることそのものに満足してしまい
中身を見ていない、確認していない
なんてこともあります。

つまり、無料プレゼントをしたからと言って
見込み客があなたのことを信頼してくれている
なんてことは成立しないわけですね。

それゆえに見込み客の情報をてにしたあなたは
ここから見込み客との信頼関係を構築していくべきなのです。

では、どうすれば信頼関係が構築できるのか?

これは至ってシンプルです。
見込み客に対して価値の高い情報を
届けるということですね。

それも当然1回では駄目です。
何回も何回も繰り返し届ける。
これこそが信頼を得られる王道と言えるでしょう。

営業マンを育てる時に良く使うセリフの1つに
「信頼は一筋縄ではいかない。
コツコツと地道に積み上げていくものである。
しかし、一度(ひとたび)信頼を損ねるような
ことをすると、今まで築き上げてきた信頼は
一気に崩壊する。」
というものがあります。

まさしくこの言葉通りです。
せっかく手にした見込み客との信頼関係を
コツコツと地道に築き上げていくのです。

どのような価値をお届けすれば良いのかと言うと、
・価値観
・ベネフィット
ですね。

あなたが売りたい商品やサービスを購入して頂く目的は
何も売りつけて売上を上げることだけではないはずです。

その商品やサービスを購入していただく事で
今ある問題を解決して欲しいが為かと。

ということから考えると
その商品やサービスを購入して活用していただく為に
必要となる価値観を受け入れて頂かないといけません。

合わせて、その価値観を受け入れていただく事で
得られるベネフィットをお伝えするのです。

これらが出来て初めて信頼関係が構築でき、
その段階でセールスできるフェーズと移行できるのです。

セールスの段階で購入して頂き易くするためにも
この信頼関係構築のフェーズはより重要となるので
しっかりとしたプロセスを踏んでおくべきですね。

信頼関係構築の場としては
下記のようなものがあります。

・メール
・DM
・FAX

他にはオフライン(対面)で
個人面談や勉強会、セミナーなど

これらの手法をもって信頼関係の構築を図れればと。
組み合わせによる相乗効果も期待できますので
自分にあった信頼関係構築の場を築いてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ