コンテンツの作り方

あなたが作るコンテンツの質が
高ければ高いほどお客様からの支持が得られる
ということは間違いありません。

しかも、それが無料で貰えるとなれば
喜ばないはずはないですよね。

しかしながら、こんな悩みを持っておられる方が
いらっしゃるのも事実です。

「どうやってコンテンツを作ればいいのか?」

そこで、コンテンツの作り方をご紹介致します。
大きく分けて3つあります。

①文章を使ったコンテンツ
②音声を使ったコンテンツ
③動画を使ったコンテンツ

1つずつ説明していきますね。

①文章を使ったコンテンツ

あなたが提供する分野のノウハウやテクニックを
文章をもってまとめあげたものです。

PDFのレポート形式にまとめたものであったり
冊子にするパターンもあります。

作成する手間に対して比較的に
価値が低く見られる傾向にあります。

音声を撮ることや動画を撮ることが
容易になったことが1つの原因かもしれません。

それゆえにPDFレポートや冊子を
コンテンツとして仕上げる時は
ボリュームを出すことでその価値を高める
というのも1つの方法です。

②音声を使ったコンテンツ

ICレコーダーなどを使って
音声をもってしてまとめあげたものです。

作成にさほど手間も掛からず
その価値も相応以上に見出して頂けますので
おすすめのコンテンツ作成法と言えます。

コンテンツを貰う側にとっても
車の運転をしながらだとか
家事をしながらなど
○○しながらといった
ながら作業で扱えますので
喜ばれやすいです。

また、副次的な効果として
あなたの『声』を記憶して頂けるという事があります。

これがどういった効果をもたらすかと言うと
あなたが発信する情報(文章)が
あなたの声で再生されるということです。

そうすることでお客様に
あなたのことを身近に感じて頂くことが出来ますし、
あなたの話すリズムで再生されることで
大事なポイントがより伝わる易くなります。

また、冒頭で申し上げましたとおり、
ICレコーダー1つあれば簡単に撮ることが出来ますので
隙間時間を利用するなど時間活用の側面からも
とても有用なコンテンツ作成方法です。

③動画を使ったコンテンツ

文字通り動画を使ったコンテンツ作成方法で
その手法には大きく分けて2種類あります。

1つはビデオカメラなどを使用して
実際のセミナー映像であったり
セミナー風の映像を撮影することで
コンテンツを作成します。

また、プロフィール動画にありがちな
イメージ映像を盛り込んだ数種の映像を
つなぎ合わせたような映像作成法もあります。

顔出しすることでより親近感を感じて頂けたり
実際のセミナーを動画化(DVD化)することで
高い価値を見出して頂けます。

もう1つは、パワーポイントなどを使用して
作成したレポートをスライド形式に纏め上げ、
それを動画解説するという手法です。

動画に映っているのはスライドのみで
あなたの声(あなたでなくて結構ですが)で
解説音声が再生されている状態を作ります。

文字と音声の両方からの訴求で
伝える内容をより伝わりやすくすることが可能です。
顔出しNGの方にも活用可能な動画作成方法ですね。

音声コンテンツに比べ手間隙が掛かるので
より高い価値提供をする場合に活用する
といった取り入れ方でも良いのではないでしょうか。

これらの3つのコンテンツ作成方法を
適宜使用して効果的なコンテンツ提供を
心掛けることが重要です。

ビジネスにおいて費用対効果の概念は
重要な要素の1つです。

手間隙を掛けた割には効果がなかった
というのでは宜しくないですし、
かと言って簡単に作成できるからと
安易に提供し続けることで
コンテンツとしての価値を低下させてしまう
ことにもなりかねません。

バランスを持ったコンテンツの作成及び
活用をしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ