集客する為にはメディアを探す

以前、関西ではしっかりとした地盤を築き、
そこの道場を出たタレントさんであれば
間違いないと言われるほどの実績と経験をお持ちの
現役バリバリの道場経営者さんとお会いする機会がありました。

私の目の前でテーブルに片手を付くや否や
そのまま片手で逆立ちをして見せてくれましたよ。

お会いしたのはある異業種交流会の場だったのですが
「タレントさんがどうしてこんなところに。」
という思いがありました。

その方は門下生の方を道場で
体を鍛え、演技指導をし、
また、子供たちの指導や
モデルのダイエットにも繋がる姿勢の指導など

その他色々な事をされているわけですが
そんな忙しい合間を縫って
異業種交流会などに参加されてます。

他にもセミナーへ出席したり、
朝会に参加したりと
積極的にオフラインでの活動をされてます。

また、異業種交流会をアレンジした
イベントも自ら企画し、認知度を高めることも。

さらに、オンラインでも
フェイスブックをやるなど
なんかかんかと露出することを考えておられます。

立派ですよね。

ビジネスをする際に集客が必要であることは
言うまでもありませんが、
その前にやっておくべきことがあります。
それは、、、

メディアを探すということです。

いくら集客しようとしても
「私は○○が出来ますよ~」
ということを発信する場がないと駄目ですよね。

それゆえにまずは自らをアピールする場、
メディアを探す必要があるというわけです。

例えば、先のタレントさんの例で言うと
異業種交流会
セミナー
朝会
などこれらに出席することも1つです。

その他にもオフラインでベタな方法であれば
テレアポ、FAXDM、DMなどを使って
発信するのも手でしょう。

初めてお会いするの方にでも
しっかりと商談につなげてセールスにまで
キッチリと持ち込むことを得意とするならば
直接訪問もアリです。

非効率なのであまりお勧めしませんが。

また、オンラインを駆使するのも
効率面で言うと、取り入れるべき手段と言えるでしょう。

フェイスブックやツイッター、アメブロ
などSNSのコミュニティに参加するとか

効果の期待できるメディアに広告を打つのも
良いと思います。

集客するためにメッセージを発信するための
メディアを探す必要があることを覚えておいてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ