ブログ集客のキモ 記事の書き方編

書前回、『ブログ集客のキモ SEO編』
コンテンツ重視のきっ時を書き連ねることが
とても重要ですよとお話しました。

 

今回は記事の書き方ということで
お伝えしていこうと思うわけですが
コンテンツ重視の記事を書いていれば、書けていれば、
さほど意識するほどのこともないのかもしれません。

 

なぜなら、コンテンツ重視の記事を書けば
当然のことながら、

 

それ相応のボリュームになりますし、
キーワードもそれなり色々と含まれてくるからです。
(とは言え、キーワードはしっかりと意識する必要はあります。)

 

そこで今回は、テクニック的な要素を少しお話いたしますね。

 

コピペはしない

 

コンテンツ重視というのは
その内容もさることながら、
オリジナリティの要素も重要視されます。

 

客観的に考えれば分かることですが、
同じ内容のコンテンツが複数合っても
本来仕方がありませんよね。

 

仮に同じような内容であっても
そこに『自分の考え』が乗っかっていれば
それは新しいコンテンツとして
評価に値するものに埋めれ変わります。

 

自分というフィルターを通す、
なんて言い方もしますね。
あなたの思考というスパイスが
コンテンツを新しくするということです。

 

 

タイトルは30字以内に

 

どんなに長いタイトルであっても
検索結果の表示画面では
タイトルはすべて表示され・・・

 

ません。

 

つまり、長すぎても読んでもらうことが出来ないわけです。

 

それって意味がないですよね。

 

加えて、検索エンジンにも良い評価をもらえないので
タイトルは必ず30字以内に抑えましょう。

 

この30字の中にキーワードはもちろんのこと、
訴求力の強い言葉を使いつつ、
訴求力にあるタイトルにする必要があるわけです。

 

 

カテゴリー分け

 

カテゴリーの表示名や分け方も
SEOの一貫です。

 

キーワードを盛り込むことはもちろん、
見やすい分け方
分かりやすい分け方は
ユーザーにとってやさいいコンテンツの構造と言えます。

 

したがって、検索エンジンからも
評価が高くなるというわけですね。

 

 

記事の内容のまとめを

 

ワードプレスでいう所の
『メタdescription』ですね。

 

この部分にもしっかりとしたコンテンツを!
という意識の元に書き込んでいきましょう。

 

 

見出しタグを適切に

 

私はあまり多用しておりませんが、
コンテンツとしてしっかりと纏まった記事を書くのであれば
記事のまとめ方が分かりやすいような区分けがあるといいです。

 

その為にも見出しタグを
大いに活用したものですね。

 

h1,h2,h3・・・
というように
大きい見出しからだんだんと小さくなるようにしていきます。

 

何のまとめタイトル(見出し)もなく
テキストの羅列だと
見にくい事は言うまでもありません。

 

構成を意識したみっだしの付け方をして下さい。

 

 

ということで、気に書き方についてお話致しました。

 

あれもこれもとあまり縛れ過ぎる必要はないですが、
ユーザーにとって見やすい記事とはどういったものか?
ということを考えて記事を書くようにしましょう。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ