ブログ集客のキモ SEO編

SEOISEOとはSearch Engine Optimizationの略で
検索上位表示を狙った対策をサイトに施すことを言います。

 

日本語で言うと、検索エンジン最適化ですね。

 

要は検索キーワードを入力した際に
自身のサイトが1位とか2位、
せめて1ページ目に常時させたいというのが
サイト運営者の共通の願望なはずです。

 

これを実現する為に
よりニッチなキーワードを抽出したり、
内部対策や外部対策と呼ばれる
検索エンジン最適化の仕組みを
サイトに施すのです。

 

ただ、検索エンジンの検索アルゴリズムは
ことある毎にアップデートされ、
最早検索エンジンの最適化なるものは
無いに等しいと言っても過言ではありません。

 

パンダアップデート
ペンギンアップデート
ありましたよね?

 

つまり、検索エンジンに最適化するべく
色々な対策を施すも
アップデートが繰り返されるたびに
対策を練り直す必要があるということです。

 

以前は外部リンクが多ければ
評価が高くなるということでしたが、
それから、リンクの質が問われるようになり、
今では外部リンクに至ってはさほど
気にしなくても良いと言われたりもします。

 

では、どうすれば良いのか?ですが。
それは・・・

 

コンテンツ重視の記事を書き連ねるということです。

 

本来の検索エンジンの目的とは
どういったものでしょうか?

 

何らかの調べ物をしているユーザーが
キーワードを入力して検索にかけた時に
ユーザーがその時に抱えている問題を
解決してくれるサイトを上位表示させることです。

 

そうすることで、ユーザーのニーズに
いちはやく的確に応えることこそ
検索エンジンの持つ本来の役割ですよね。

 

そう考えた場合、検索上位に表示させることだけが目的の
外部リンク張りまくり、
キーワードを露骨に使いまくった
中味の薄いサイトが上位表示されていればどうでしょうか?

 

恐らく検索ユーザーは
なかなか自身の抱える問題が解決できないことに
イライラが募るはずですよね?

 

これってユーザーにやさしいと果たして言えるでしょうか?

 

ということです。
だからこそ、コンテンツ重視で
記事を買い連ねることが重要なわけです。

 

 

とは言え、検索に掛けるキーワードを
意識することも重要であることは言うまでもありません。

 

キーワードを抽出する無料のツールなどもありますので
それらを巧みに利用して検索キーワードを意識した
記事(タイトル等も含む)を書いてください。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ