ブログ集客のキモ プロフィール編

自「お前は、だれだ?」
って話です。

 

あなたは色々な媒体から興味のあるものを
取捨選択をして、取り入れていると思います。

 

中でもブログのような日々
更新され続けるような媒体にあっては
更新情報の連絡が来るように
設定しているかもしれませんね。

 

このとき、あなたは良い記事があったから
という理由だけでこれらのように
一媒体のファンとなるでしょうか?

 

 

プロフィールを書こう

 

読者心理として気になった記事があれば

 

誰が書いているのだろう?
どんな人が書いているのだろう?
どのような肩書きや実績を持っているのだろう?

 

このように媒体の管理者のことを
知りたいと思うものです。

 

こんな時にプロフィールがなかったり、
いいかげんなものであったりすると
どのように思うでしょうか?

 

なんか胡散臭い。。。
と思いますよね。

 

そこまで思わずとも
安心して情報に触れていただける
ということにはならないはずです。

 

だからこそ、プロフィールは書くべきなのですね。

 

 

では、プロフィールには何を書けば良いのでしょうか?

 

 

プロフィールには自身の経歴や実績(成果)を

 

プロフィールには
名前(法人名)
住所
連絡先
を入れるのは当然のこととして

 

他にはこれまでの経歴や実績(成果)を
しっかりと入れておきましょう。

 

あなたはどんな分野が得意で
どんなジャンルのエキスパートなのか?

 

読者に対してどんなメリットを
提供することができるのか?

 

それが分かるような、
且つ、信じてもらえるようなことを
書いておくと良いです。

 

何も臆することはありません。

 

あなたの分野であなた以上の実績のある方は
当然のことながらいるでしょう。

 

しかいながら、その逆も言え、
当然のようにあなたよりも
実績がない、成果の出ていない方がいるわけです。

 

そして、あなたはこのような方々に対して
役に立つコンテンツを発信していくわけですから
何も上を見る必要など微塵も無いのですね。

 

恥ずかしがらず、
引け目を感じることなく
堂々とプロフィールを提示しましょう。

 

 

自分の思いを書きましょう

 

プロフィールには自身の経歴や実績(成果)を
書くように申上げたわけですが、
それだけでは味も素っ気もありません。

 

読者はあなたの持っているストーリーに
惹かれるのです。

 

このストーリーとは何も本当にあったことだけを言うのではなく、
そのストーリーの中にあったであろう

 

思い
思考
考え
悩み
感じたこと
などなど

 

色々な書き方をしましたがすべて同じことですね。
要はあなたの頭の中をさらけ出すということです。

 

さらには、ブログを運営するにあたっての
伝えたい本質的な部分やそこに至る思考の経緯など
あなた自身をぶつけることが重要です。

 

そこで1つポイントがあります。

 

それは良いことばかり書いてもつまらないだけですし、
興味が湧かないものなのですね。

 

人は他人のジェットコースターのような
山あり谷ありのストーリーに引き込まれます。

 

失敗や挫折があって
それをいかにして乗り越え、成功に至ったのか
というストーリーに。

 

最後に引きこまれるような映画のストーリーは
大概がこのようなストーリーの展開になっていますし、

 

そんな馬鹿なことがあるかと思いつつも
今なお、よくあるキャッチコピーの1つに
『借金○○万円を背負った男が
△△をして億万長者になった□□な話』
というようなものがあります。

 

これは挫折から成功へのストーリーを
前面に出したよくある例ですよね。

 

そして、今もなお、この手のキャッチが
よく使われるということは
なんだかんだと言っても一定の反応が得られるからです。

 

そのくらい挫折から失敗のストーリーは
人からの興味を惹くのですね。

 

だからこそ、人から共感を得られるような
挫折や失敗から復活や成功に至るストーリーを
プロフィールに盛り込むべきなのです。

 

 

以上、『ブログ集客のキモ プロフィール編』をご紹介致しました。

 

ぜひ、ご参考にしてください。

blogside

『無料でできるWEB集客システムの作り方』

を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ