ブログ集客のキモ キャラ編

誰キャラとは、キャラクターを略した用語で、その方の性格であったり役割などを指していま

す。

 

前回、ブログ集客のキモ コンセプト編ということで運営するブログのコンセプトを明

確にしましょうというお話いたしました。

 

つまり、『誰のために』『どのような目的で』『どんな考えを持って』をしっかりと持つこ

とで人が集まるブログになると。

 

コンセプトを明確にするという事は誰のために情報を発信するのかというターゲットが明確

になっていなければいけないわけですが、逆に言うと、コンセプトが明確になっているから

こそターゲットがぶれずに軸が1本出来た内容となるのです。

 

そして、コンセプトが明確になり、そこに自分のストーリーを吹き込むことで人を惹き付け

る媒体となるのですね。

 

なぜなら・・・

 

 

キャラができる

 

例えば、珈琲の焙煎士を例にあげましょう。
(少しニッチになりますが、最近コーヒーにはまってまして。)

 

あなたと全く同等の知識を持っていて、且つ、仕入れることができる材料(コーヒー豆)も

同じだとします。

 

この場合、お客様の嗜好を熟知できていると仮定しても、決して同じ珈琲を出せるわけでは

ありません。

 

仮に全くの同じ珈琲であったとしても受け取るお客様の印象は変わったものとなります。

 

それは、ストーリーが違うからです。

 

提供する珈琲に対する思いは違うはずです。
そもそもそこに思いなどなく、つまり、ストーリーがなく、ただお金儲け、生活手段の1つ

として嫌々珈琲を提供しているのであれば話になりません。

 

しかしながら、そこにあなたのストーリーがあると、それは唯一無二のものとなり、決して

同じ珈琲ではないのです。
さらに言えば、ストーリーがあるということは、ターゲットが明確になるということ、つま

りは、ターゲットが異なるものとなるというわけですね。

 

あなたは、元サラリーマンで外回りのセールスマンとして毎日靴底をすり減らして歩き回っ

ていました。
激務のセールスの合間にわずかな時間で休憩がてらに飲む珈琲にどれだけ癒されたことか。
そんな背景を持っているとします。

 

この場合に、もしかするとあなたは
『外回りで心身共に疲れているセールスマン』
をターゲットにしようと思うはずです。

 

当然のことながら、あなたから発信される情報はこのようなセールスマンに訴えかけるもの

になりますよね。

 

同じ腕を持った焙煎士はいるかもしれない。
もしかすると、その焙煎士は同じ材料を仕入れることが出来るかもしれない。
しかし、外回りのつらさやセールスマンのノルマの厳しさは自分が誰よりも知っている。
だからこそ、そんな彼らを癒してやりたい・・・

 

と。

 

この時のあなたの持つ背景から生まれたストーリーは世界でただ1つのものですし、決して

真似することのできないあなただけのストーリーとなります。

 

あなたは考えます。

 

珈琲を入り口に癒す空間を提供したい。
彼らをちょっとしたひと時でもノルマや会社から開放してあげたい。
そう。あなたが彼らを守るのです。

 

そうすれば、彼らを守るにふさわじい言動・行動を求められるようになります。
それが・・・

 

キャラなのです。

 

 

結局は人対人

 

人が求めているものは結局のところ人です。

 

人とのつながりを大切にし、人から関心持たれることに喜びを感じます。

 

また、人から関心を持たれることで人に関心を持つようになるのですね。

 

だからこそ、あなたは強烈なキャラ設定のもと、彼らのために、彼ら【だけ】に対して自身

の思いのたけをこれでもかというくらいにどんどん情報発信すれば良いのです。

 

Aさんにも
Bさんにも
Cさんにも
好かれるメッセージを発信する必要はありません。

 

どうせ届かないですから。

 

外回りで心身共に疲れているセールスマンのためだけに
さらに言うなら、これに該当する方1人を設定して、その方のためだけに
あなたのキャラを全開にして思うがままに情報発信すれば良いのです。

 

そうすることで、そこまでターゲットを絞り込むことで初めて彼(ら)に届くのです。

 

あなたにもいるのではないですか?

 

どの分野においてかは別にして
「どうせ頼むにだったら○○に頼もう」
というものが。

 

あなたが情報発信する分野においてお客様からの○○になればいいのですよ。
ただ、それだけです。

 

 

ということで、『ブログ集客のキモ キャラ編』をご紹介いたしました。

 

あなたはどんなキャラでいきますか?
よく考えてください。

blogside

『無料でできるWEB集客システムの作り方』

を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ