ブログ集客のキモ コンセプト編

基コンセプトとは、コトバンクによると、

1 概念。観念。
2 創造された作品や商品の全体につらぬかれた、骨格となる発想や観点。「―のある広告」

とあります。

 

ただ、『概念』『観念』と言われてもいまいちピンと来ないかもしれません。

 

ざっくりと言うと、思考(考え)の素となるものでしょうか?

 

あなたがブログを立ち上げ、集客に至らしめるためには、そこにあなたの思考(考え)が根

付いていないといけないということです。

 

あなたが
『誰のために』
『どのような目的で』
『どんな考えを持って』
そのブログを運営しているかが明確になっていないと惹き付けるものが何もない状態になっ

てしまうのですね。

 

この考えに惹かれ、魅了され、翻弄されるからこそ、離れたくても離れられない媒体になる

ということです。

 

 

誰のために

 

情報発信をする上で重要なことの1つとして上げられるのが
『ターゲットを明確にする』
とううことです。

 

これは本ブログでも何度もお伝えしておりますが、ターゲットが明確になっていないと誰に

も伝わらないメッセージとなってしまいます。
専門的な言葉を使うと『ペルソナ』を設定しましょうということですね。
詳しくは『ビジネス戦略②顧客-ペルソナ』http://websyuukyaku.com/archives/701をご覧

下さい。

 

例えば、脂肪燃焼を促進させるような男性用のダイエット食品を販売するとします。

 

この時、
『脂肪が取れにくくなった男性の方に~』
とするよりも
『40歳を超え、お腹が出てきてベルトの位置が下腹にめり込みがちな運動不足の男性の方に

~」
とした方が、ターゲットとなる方がより自分のこととして捉えてくれるということです。

 

もちろん、脂肪が取れにくくなった男性の方の中にこのターゲットが含まれるわけですが、

ターゲットを広く取ったが為に本来ターゲットとなる方にも刺さらないメッセージとなって

しまうのですね。

 

だからこそ、ターゲットはより明確にする必要があるのです。

 

 

どのような目的で

 

どのような目的でブログを運営しているのか?

 

このことがユーザーに伝わらないと刺さるメッセージにはなりません。
運営しているブログを読むことで読者さんにどうなって欲しいのか?
その目的があるはずです。

 

先のダイエット食品の例で言えば、そのブログは肥満体質に苦しんでいる読者さんにこれ以

上太らないように、もっと言えば、今から痩せることができる様にブログを介してコンテン

ツを提供しているわけですね。

 

これが自身がただただ商品を販売したいことが優先されると、コンセプトの一貫したものと

はならずに、Aという商品を紹介したかと思えば、次の日には全く関係の無いBという商品を

販売しているという、なんともお粗末なブログとなってしまうのです。

 

そうなると・・・
ですよね。

 

だからこそ、どのような目的でそのブログを運営しているのかをしっかりと明確にしましょ

うということです。

 

 

どんな考えを持って

 

はっきり申上げてこれが一番大事です。

 

自身の価値観や考え方があやふやな状態でコンテンツを提供しても、そこにオリジナリティ

を感じないばかりか、そのコンテンツには似たようなものが他の媒体でも数多く存在し、【

あなたから】その情報を得る理由が希薄になるからです。

 

またもや先の例に添ってダイエット食品でお話いたしますと、

 

『飲むだけで1ヶ月3kg痩せるダイエット食品』
という商品があったとします。
(思いつきで書いてますので、このような商品があるかどうか分かりませんし、表記の問題

で法に触れる表現になっているかもしれませんのでご了承ください。)

 

確かに、『1ヶ月』『飲むだけ』『3kg痩せる』のは(本当であれば)簡単な方法ですし

、このような目先の楽な方法に飛び付いて商品を購入される方もいるかもしれません。

 

しかしながら、これはその機能に惹かれただけであって、このような事に惹かれるユーザー


『1ヶ月』 → 『半月』
『3kg痩せる』→ 『5kg痩せる』
という商品が競合から出ると、そちらへ移っていくものです。

 

つまり、仮にお客さまになったとしても一過性のお客様になる可能性が非常に高いわけです

ね。

 

反対に、『1ヶ月』『3kg痩せる』ということを前面に出すのではなく、この商品を購入

することで、どのような未来が待っているのかとか、どんな人生を送って欲しいのだとかを

熱く思いを語るようなメッセージ性の強いブログであれば、そのストーリーに共感して根強

いファンが付いてくれる可能性がすこぶる高くなるわけですね。

 

自身が試した商品であれば、その商品を試してからの自分の変化がリアルに語れるはずです


それは何も成功体験だけでなくても構いません。

 

飲み方を間違った。
○○と混ぜて飲んでます。
1回飲むのを忘れたら3日分逆戻り!
など

 

これらのような失敗談や色々な体験談も語ることでストーリーが生まれ、そのストーリーに

ひきつけられるユーザーが出てくるのですね。
結果、私も試してみよう!となるかも・・・ということです。

 

 

以上、ブログ集客のキモということで、今回はコンセプト編という形でご紹介しました。

 

他の媒体と容易に比較できる要素のみでブログを運営しますと、比較大好きな方々が集まり

やすいですし、そういう方しか残りません。

 

しっかりと自分の世界観を打ち出し、コンセプトが明確になっている媒体を作り上げましょ

う。

blogside

『無料でできるWEB集客システムの作り方』

を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ