有料のアクセスアップを有効に活用する為に

試『アクセスアップを図るために必要な考え方』
の中でもお伝えしたように、無闇やたらに
お金を掛けて亜k背巣を集めても意味がありません。

 

なぜなら、サイトのそのものの成約率
(成約に至らしめる度合いなど)
が低ければ穴の空いたバケツに
水を汲むようなものだからです。

 

だからこそ、まず初めにやるべきは
アクセスを集めるサイトの成約率を
高める必要があるのです。

 

その為に重要なことは
有料のアクセスアップを
事前に有効に活用するということですね。

 

今回はその手法についてお伝えいたします。

 

 

リスティング(PPC)広告をする

 

いきなりではありますが、
まず初めにすることは
リスティング(PPC)広告をする
ということです。

 

それって普通に広告を掛けるということ?

 

と思われるかもしれません。
しかし、初めに掛けるリスティング(PPC)広告は
本格的にサイトを運用する時の広告費ではなく
あくまでもサイト成約率を上げる為の
テスト的な位置づけのもです。

 

目的は一定のアクセスを集めることで
サイトの良し悪しのテストを繰り返し、
成約率を高めることが狙いです。

 

ヘッダーの良し悪し
リードの良し悪し
画像の良し悪し
などなど

 

色々な部分のABテストを繰り返し
サイトの成約率を高めるのが狙いです。

 

また、並行してキーワードの掘り起こしも出来ますね。
狙ったキーワードのみならず
意外な、ニッチなキーワードを探し出すことで
後からお話させていただきます
SEO対策に活用できます。

 

 

リスティング(PPC)広告で反応の良かったキーワードでSEOをかける

 

リスティング(PPC)広告で
反応の良かったキーワードが分かれば
そのキーワードでSEOをかけることで
検索上位表示を狙うことが出来ます。

 

検索上位表示が出来れば
無料でアクセスを集めることができますし、
ブランド力を高めることにも繋がります。

 

とは言え、それなりに時間が掛かる為、
コツコツとコンテンツを積み重ねていく
地道な作業は外せません。

 

また、そういう意味においては
先行者の方が圧倒的に有利ですので
そこの所は押えておく必要があります。

 

 

他の媒体でもテストをする

 

リスティング(PPC)広告を使って
サイトの成約率を高めることが出来たならば
他の媒体を使って広告をかけることも
1つの方法です。

 

ポイントは
費用対効果的に見合うかどうか
ただそれだけです。

 

掛けた広告費以上の成約が見込めれば
その媒体は広告媒体としてOKとし、
広告費を上げて行っても構いません。

 

その逆であれば撤退し、
新たなる広告媒体を探しましょう。

 

 

ということで、
有料のアクセスアップを有効に活用する為に
まずはリスティング(PPC)広告を使って
サイトの成約率を高めましょう
というお話を致しました。

 

サイトの成約率さえ高めてしまえれば
その後に打つ手はいくらでもあります。

 

SEOをしかり、他の広告媒体を利用することもしかり。

 

なので、まずはテストありきだということですね。

集客マスターカレッジオプト画像記事に使用

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ