購入の壁が高いとは?

壁今回は売れない商品を売る為の
3つの考えるべきポイントの中の2つ目。

 

 

購入の壁が高い

 

 

ということについてお話させて頂きます。

 

 

購入への壁が高いということから考えるべきことは3つあります。

 

 

1.価格が高すぎる

 

 

この場合は単純に価格を下げれば良いわけですが、ただ単純に価格を下げれば良いのかと言うと、そうではないことはお分かりかと思います。

 

 

そのようなことをすれば、利益が削られ長くビジネスを継続することができなくなるからです。
では、どのような価格の下げ方をすれば良いのでしょうか?

 

 

・お試し品(スターターキット)を作る
・フロントエンド商品を作る

 

 

このような形で低価格帯の商品を作り出すことで入り口の価格を下げることが可能です。

 

 

2.商品が分かりにくい

 

 

この場合は単純に分かりやすくしてあげましょう。

 

 

・繰り返し説明する
・既存商品と関連付ける
・説明媒体を変更する

 

 

ということですね。

 

 

3.信頼度が低い

 

 

これは繰り返し繰り返し信頼関係構築の行動を起こしていく他ありません。

 

 

その中で実績の提示やお客様の声、社長の顔出しなど、色々な角度から信頼を得るためのアプローチを繰り返すことです。

 

 

ということで、購入の壁が高い時の売れやすくする方法についてお話させて頂きました。

 

 

ご参考までに

 

 

 

集客マスターカレッジオプト画像記事に使用

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ