差別化で考えるべき3つのパターン

差別化するためには競合先を知ることが大切である
というお話をさせて頂きました。

 

直接競合先と間接競合先、
そして、お財布という競合もありますよと。

 

これらの競合先を知ることで
はじめて差別化戦略を考えていくことができる
というわけですね。

 

では、差別化にはどのような方法があるのでしょうか?
と、その前に今回は差別化で考えるべき
3つのパターンについてお話させていただきます。

 

その3つのパターンとは
①オペレーショナルエクセレンス
②製品リーダー
③カスタマーインティマシー
の3つです。

 

1つ1つ解説していきましょう。
分かりやすく『お寿司屋さん』のモデルを
例にあげてますね。

 

①オペレーショナルエクセレンス

 

これはそこそこの商品を
そこそこの価格で大量に提供する
ビジネスモデルのことを言います。

 

お寿司屋さんで言うと、
『回転寿司モデル』ですね。

 

販売する商品やサービスを大量生産し
コストを圧倒的に抑えることで
幅広い層に向けて大量販売するものですね。

 

②製品リーダー

 

これは
「俺の味が分かる奴だけ来い!」
というビジネスモデルです。

 

お寿司屋さんで言うと、
『銀座のお寿司屋さんモデル』ですね。

 

販売する商品やサービスを
仕入れや加工方法、その他立地やサービスなど
あらゆる所にこだわりを持ち
オリジナリティ溢れる商品を販売するものです。

 

③カスタマーインティマシー

 

顧客志向ビジネスですね。
お客様との関係性を大事にしたビジネスモデルです。

 

お寿司屋さんで言うと、
『近所のお寿司屋さんモデル』ですね。

 

販売する商品やサービスにこだわり過ぎず
あくまでもお客様のご要望が最優先であるという
お客さんよりの商品やサービスを販売するものです。
これら3つのビジネスモデルのパターンから
どのパターンを選択してビジネスを構築していくのかを
考えていかなくてはならないということです。

 

では、あなたはこの中のどのビジネスモデルを
選択してビジネスを構築していきますか?
ということですが。

 

我々中小企業で取り組めるビジネスモデルは
当然のことながら①という選択肢はないわけで、
必然と②もしくは③のいずれかを選択して
ビジネスを構築していく必要があるわけですね。

 

ということで
差別化を図っていく時に
まずもって構築すべきビジネスモデルが
『銀座のお寿司屋さんモデル』
『近所のお寿司屋さんモデル』
のいずれを選択するかを考えて下さい。

 

「俺好みの『スペシャルちらし寿司』を作ってくれ!」
と言われた時に作るのか?断るのか?
あなたはどちらですか?
 

 
集客マスターカレッジオプト画像記事に使用

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ