ペルソナを作る利点と作り方

前回、売りたい人、理想のお客様を
明確にするということで
『ペルソナ』を活用しようと
お伝えしたわけですが。

 

ペルソナとは簡単に言うと、
売りたい人、理想のお客様に合致した
たった1人の架空の人物を作り上げてしまう
ということです。

 

ただ、架空とは言え、いい加減な物では
その効果はたかがしれてます。

 

では、どのようにしてペルソナを作るのかですが。

 

と、その前にペルソナを作ることによる
メリットを3つほど上げておきます。

 

①セールスプロセスがぶれない

 

いついかなる時も特定の人物に対して
セールスを仕掛けるわけですから
セールスにブレが生じません。

 

20代の方には~
30代の方には~
とか

 

働いている方には~
主婦であれば~
というようにぶれることがなくなるのですね。

 

②セールスメッセージの作成が楽になる

 

セールスプロセスがぶれないことと近しですが
このような場合、あのような場合、
とあれこれ網羅させる必要性がなくなるわけですから
当然のことながらメッセージが纏まります。

 

③迷った時も答えが出しやすい

 

これも同じですね。
セールスプロセスの中で
何かに迷いが生じた時

 

ペルソナが出来ていないと
こんな場合は・・・
あんな時は・・・
とあらゆることが頭を巡ってしまいます。

 

しかし、ペルソナができていると・・・

 

『この人(ペルソナ)だったらこのようにするべきだ』
ということの意思決定がしやすくなります。

 

以上3つのメリットを上げましたが、
これらのようにペルソナを明確にすることで
セールス全般にブレが生じにくくなるのですね。

 

だからこそ、ペルソナを作りましょう
というわけです。

 

では、後回しに致しました、
どのようにしてペルソナを作るのかですが、
簡単なプロセスをお伝えしますね。

 

1.現在の嫌いなお客さんをピックアップする
⇒共通点を挙げる

※2.からのスタートでも構いませんが
2.をより明確にする為にあえて
1.のステップを踏みます。

2.現在の好きなお客さんをピックアップする
⇒共通点を挙げる

3.2.のお客さんのことをもっと深掘りする
⇒どこが?どのように?

4.3.を元に1人の人物シートを作成する
⇒細かい履歴書のようなもの
このシートを見れば
『どのような人か?』ではなく
『誰か?』が分かるものでなくてならない。

5.仮の住所や仮の個人写真画像などを決定し、
世に存在しない『個人』を作り上げる。

 

というような感じですね。

 

さらに言うなら、販売する商品やサービスの
セールスを展開していく中で理想のお客様像との
ズレが生じてきます。

 

このズレを適宜修正していくプロセスを
盛り込んでおく必要があるでしょう。
ペルソナを進化させるのです。

 

ということでペルソナを作成することの利点と共に
その作り方をご紹介させて頂きました。

 

ご参考までに

 
集客マスターカレッジオプト画像記事に使用

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ