商品コンセプトが大事

インターネットを使って集客していく場合、
ページへのアクセスを増やすこと
成約率を高めること
という『戦術』が必要になってくるわけですが。

 

案外、この『戦術』と『戦略』を
ごっちゃにして捉えている方が多い印象です。

 

大辞林 第三版の解説によると

 

戦術とは
①個々の具体的な戦闘における戦闘力の使用法。
普通,長期・広範の展望をもつ戦略の下位に属する。
②一定の目的を達成するためにとられる手段・方法。
「牛歩戦術」

 

一方、戦略とは
長期的・全体的展望に立った闘争の準備・計画・運用の方法。
戦略の具体的遂行である戦術とは区別される。

 

とあります。
つまり、戦術とは戦略として練られた目的・計画を
達成させる為の方法ということになります。

 

例えば、山登りを例に上げてみましょう。
この際の戦術としては
対処療法を備えておくことであったり
山登りのための装備を揃えることであったりします。

 

どんな方法でその山を登るのか?
という方法が外からも“見える”状態ですね。

 

一方、この時の戦略というのは
どの道を選択するのかであったり
たまを登りきるための体力作り、体質改善であったりですね。

 

どの山を登るのか?
何のために登るのか?
というような目的が外からは“見えづら”かったりします。

 

ここまで目を通して頂けたなら
ビジネスで大事なのは
『戦術』と『戦略』
いずれなのかはお分かり頂けるでしょう。

 

当然のことながら
『戦略』が重要なのですね。

 

そして、商品1つ1つにも
『戦略』がありますし、
あってしかるべきです。

 

誰に何を売るか?
誰にどんなベネフィットを提供するか?

 

これがいわゆる商品コンセプトというものです。

 
集客マスターカレッジオプト画像記事に使用

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ