使い方を分かりやすく伝える

 

どのような商品やサービスであっても
“使い方”“活用の仕方”が分からなければ
購買への大きな障壁となって立ちはだかることは
想像に難くありません。

 

例えば化粧品。

 

化粧品の使い方と基本的な順番は

洗う

落とす

水分補給する

保つ

と、まーこんな流れになるわけですが。

 

このように女性にとって
当たり前のように使用している商品であっても

 

こと、1つ1つ単品で捉えた場合、
どのタイミングで使用するのか?
どのくらい量を要するのか?
どのくらい頻度で使用するのか?
など

 

きっちりとその商品の使い方を
伝えることが出来ていないと
使用する女性は不安になるものなのですね。

 

あっ、ちなみに私が化粧品の使い方などに
少しだけ詳しいのは化粧品に関するビジネスにも
関係しているからです。

 

決して自分で使用しているわけではありません。
昨今では男性向けの化粧品もかなり流通しているので
珍しくはないですが。

 

少し話が反れてしまいました。

 

要はお客様の潜在意識の中には
「自分に使えるか?」
「自分に使いこなせることが出来るか?」
というものがあります。

 

使えなければ単純に損をしますし、
迷って購入した時間が無駄になってしまいます。

 

さらに言えば、そこに至るプロセス全体が
もったいないものとして認識され、
その鬱憤が商品そのものに要ってしまう恐れもありますからね。

 

だからこそお客様が不安に思っている部分に対して
『お客様の声』などを利用しつつ、
「大丈夫ですよ。」
ということを伝えてあげないといけないわけですね。

 

「知っているだろう」では駄目なのです。

 
集客マスターカレッジオプト画像記事に使用

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ