ヘッドラインの目的

 

ページの成約率が悪くなる原因の1つである
『メッセージが悪くないか?』
ということについて前回は

 

媒体(アクセス元)との一貫性はあるか?

 

ということをチェックするポイントとして上げました。
そして、一貫性を持たせる上で大事になってくるのが
ヘッドラインの変更ですよと。

 

で、今回はこのヘッドラインについて
お話させて頂きます。

 

まず、ヘッドラインの持つ目的はと言うと、
①続きを読ませる
②目的にマッチしたページであることを伝える
という所にあります。

 

ぶっちゃけ今回のテーマはこれでOKというくらい
とても重要な部分でもあります。

 

ページのおける構成において何が大事かと言えば
紛れもなくこのヘッドラインになります。

 

それこそ先の目的でお話しましたとおり
ヘッドラインで興味や期待を抱かせることが出来なければ
続きを読んでもらうことはできませんし、

 

そもそもとして目的に合致していることが
明確に伝わらなければすぐさまページを閉じられる
ということにもなってしまいます。

 

目的に合致していることを認識してもらえなければ
興味や期待を抱いてもらうことが出来なければ

 

その続きに
得られるベネフィットが書かれてあっても
共感を得られるメッセージが書かれてあっても
行動を起こしたくなる動機付けがなされていたとしても

 

読まれないものには結果がついてくることはないわけで。

 

だからこそ続きを読んでもらうがためにも
ヘッドラインはとても重要なわけですね。

 

コピーライティングの世界では有名な言葉に
『初めの1行は次の1行を読ませる為のもの』
『次の1行はその次の1行を読ませる為のもの』
というものがあります。

 

まさしくヘッドラインはその下から始まる
リード文(オープニング)を読ませる為に
書かれるべきものなのですね。

 

ご参考までに。

 
集客マスターカレッジオプト画像記事に使用

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ