DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは?

前回は作られた商品やサービス、
作られる予定の商品やサービス、
これらが自動で売れていく仕組みこそが
マーケティングである、ということを
お話させて頂きました。

 

ただ、自動で売れる仕組みとは言え、
膨大な資金を投入することは
我々中小企業、いや、中小零細企業にはできません。

 

中小企業においては少ない資金で
いかに効果を上げるか、
ということが大事になってきます。

 

なので、マーケティングを進める上でも
少ない資金で圧倒的な成果を生み出すことを可能とする
DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を
手掛けていくことが重要になってくるのですね。

 

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは
簡単に言うと、お客様に直接的に行動を
起こさせることです。

 

テレビCMでおなじみの
ジャパネットタカタをイメージして頂ければ
分かりやすいのかなーと思います。

 

「こちらへ今すぐお電話下さい!」
ってやってますよね。
あれですよ。あれ。

 

もちろん、これをジャパネットタカタさんのように
テレビでやるにはそれ相応の資金が必要になってくるわけで
我々中小零細企業にはとてもじゃないですけれども
手が出せないということになってきます。

 

なので他の媒体を使うということになってくるわけですが、
媒体そのものは特に選びません。
どんな媒体であろうと仕組みは同じで
要は、レスポンスを得やすいように行動を促し、
お客様が行動を起こしやすい環境を
整えればOKです。

 

では、なぜゆえに
DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)が良いのか?
ということなのですが。

 

特徴としては色々あるのですが、
中でも資金を低く抑えられる要員の1つとして
上げられるのが

 

広告の良し悪しがすぐに判断できるということです。

 

ABテストを繰り返し、
良かった方を残し、
悪かった方を取り替える。

 

この単純で明快な作業を
淡々と繰り返すことで
パフォーマンスの良い広告を
作り出すことが可能となります。

 

それが出来れば、後は広告を出しているだけで
売上は上がり、利益は積み上げられていく
といった状態(仕組み)を構築することが
できるというわけなのです。

 

だからこそ、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)
が非常に効果的だというわけです。

 

ということで、我々中小零細企業が
マーケティング施策を打っていくなら
まずもってDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)
を学ぶのが良いでしょう。

 

ご参考までに。

 


『集』
お名前(姓) *
お名前(名) *
メールアドレス *

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ