ブログ+SNSも集客の間口に

集客をしていくにおいては
間口は広いに越したことはありません。

 

例えば、ブログをメインの集客倍値とするならば
ブログへのアクセスのみに頼るのではなく、
ツイッターやFacebook、そのほかmixiやアメブロなど
色々な媒体を集客の媒体として利用した方が
効果が上がることは間違いありません。

 

それらのメインとは別の集客媒体は
直接集客することはもちろんですが、
メインの集客媒体へアクセスを集中させることを
意識した媒体作りをするのですね。

 

それはメインの集客媒体の方が
他の媒体に比べ、集客力があることはもちろんのこと、
集客するターゲットの質を高める効果があるからです。

 

どういうことかと言うと、
集客をする時には、見込み客の情報を頂く代わりに
こちらから何がしかのプレゼントを用意したりするわけですが、
このプレゼントをもらうため【だけ】に自らのリスト情報を
提供する方も一定数出てきます。

 

そして、この一定数の割合が他の媒体では
高くなる傾向にあるのですね。

 

なぜなら、あなたの価値観をしっかりと
受け入れていないからです。

 

例えば、セールスの世界では業界によっては
まだまだ多用されている飛込み訪問。

 

このセールス手法は飛び込んだ見込み客との
信頼関係は一切なく、それどころか
何の面識も無い状態でセールスを仕掛ける
という手法なわけですが。

 

この手法によって顧客となった方というのは
・取引条件時に提示されたプレゼント企画に惹かれた
・値段が安かった
・たまたま持っていたニーズにマッチした
という感じなのですね。

 

まーこの手法であっても未来のロイヤルカスタマーを
探し当てることができるかもしれませんが、
大半の顧客はそうではないわけです。

 

つまり、魅力のあった初回取引には応じるも
2回目からは~
となる可能性がすこぶる高くなる属性の方々なのですね。

 

ビジネスを成長させたいのであれば
リピート戦略は欠かせないものになるので
初回取引にのみ魅力を感じる方々は
当然のことながら決してターゲットとしての
質が良いとは言えないわけです。

 

逆に何度も足を運んで信頼関係を構築してから
顧客となってくれた方は、顧客としての質が
高くなる傾向にあり、結果、リピーターと
なってくれるわけです。

 

これを先のインタネット集客に置き換えると
メインの集客媒体というのは
何度もターゲットが訪れ、共感し、
その結果、顧客となってくれる方が多く、
顧客との一定の信頼関係が構築されている
状態と言っても過言ではありません。

 

もちろん、見込み客となってから
更なる信頼関係を構築する必要がありますが、
それでも、その下地がしっかりしているものと
そうでないものとでは全然出来上がりが違うわけです。

 

また、他の媒体と言うのは
飛び込み訪問した客先のようなもので
目先のメリットにのみ惹かれて集客された
質の低い状態のお客様である可能性が
すこぶる高くなるわけです。

 

だからこそ、一旦メインの集客媒体への
誘導を図り、あなたの価値観を受け入れてもらう
ステージを用意した方が、その後のセールスの
展開が容易になるのですね。

 

ということで、インターネット集客は
ブログに代表されるメインの集客媒体を持つ事は当然のこととして
それらにより多くのアクセスを集めるべく
SNSなどの媒体も積極的に利用しましょう。

 


『集』
お名前(姓) *
お名前(名) *
メールアドレス *

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ