商品の使用方法を明瞭にする

意外とお粗末にされがちなのが
商品やサービスの使い方、活用の仕方です。

これらをしっかりと伝えることが出来ていない
ということが非常に多いです。

なぜ、使い方をキッチリと伝えることを
疎かにしてしまうのでしょうか?

それは、その商品やサービスを売っている本人が
その商品やサービスのことをよく理解しているからです。

それゆえに
「これくらいは分かるだろう。」
となるのですね。

しかしながら、その商品やサービスを
購入しようとしている方は
そのことに詳しくありません。

つまり、その商品やサービスのことを
詳しく教えてあげる必要があるのです。

購入を考えている商品やサービスが
どんなに良いと思われるものであっても
その使用方法が分からなければ購入するには
至らないことが多いです。

当然ですよね。
良いと分かっていても、それを活用する術がなければ
宝の持ち腐れであることは言うまでもありません。

たとえば、ダイエット食品。

その商品はビフォー・アフターの画像を見る限り
かなりのダイエット効果があることが分かります。

『お客様の声』を読んでもその即効性には
期待するものがある。

何と言っても値段が安い!
薄給で且つ他の趣味ごとにお金が必要な自分にとっては
安い投資で痩せられるなんてめっけもん!!

というようなシチュエーションがあったとします。
しかし、使い方が分からない。

「摂取するだけで良いのか?」
「運動はしなくて良いのか?」
「食事制限はしなくても良いのか?」
「どのくらい摂取しないといけないのか?」
「どのくらいの期間で効果が出るのか?」
「持続性はあるのか?」
「摂取するために制限はあるのか?」
(食事と一緒に摂らないといけない)
(水と一緒に摂らないといけない)
(温めないといけない)
(ご飯に混ぜないといけない)
などなど
「いつまで続けないといけないのか?」
「止めると効果はなくなるのか?」
・・・

これらのことが一切分からない状況で
あなたはこのダイエット食品を購入しますか?

たまに
「痩せられるなら?」
「とても安いし。」
というような表層的な部分だけで購入にいたる方も
一定の割合でおられることでしょう。

しかしながら、大半の方は
これらの情報が不足していることにより
購入を控えたり、後回しにするはずです。

なぜなら、使い方が分からず
自分に使えるかどうか不安が残るからです。

このように商品やサービスの使い方は
キッチリとお伝えする必要があります。

使い方を理解し、自分でも充分に扱える
と判断するからこそ購入に至るわけですからね。

意外と見落とされがちな
『使い方分かる易くする』ということ。

今一度見直してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ