PPC広告のアカウント調整法③広告文のクリック率

PPC広告の掲載順位は
広告ランクによって決まるということは
以前にお話させて頂いたとおりです。
グーグルアドワーズの広告掲載位置
改めて簡単に説明しておきますと、
広告の掲載順位には
各々の広告に対する広告ランク
というものが都度決定されていて
この広告ランク順に広告が表示されます。

 

で、広告ランクはどうして決まるかと言うと
『広告ランク = 上限クリック単価 X 品質スコア』
ということになっているのですね。

 

上限クリック単価は広告主が自ら決めることが出来、
どうしても上位表示させたければ
際限なく広告に出す単価を上げれば可能です。

 

ただ、当然のことながら単価を上げれば上げるほど
費用対効果は悪くなるばかりで
広告を出す意味そのものが低下していくわけです。

 

なので、費用対効果のバランスを見ながら
広告費用(上限クリック単価)を設定することになります。

 

で、もう1つ大事なことは
決して広告単価が競合に比べて高いというだけでは
必ずしも上位表示されるわけではないということです。

 

つまり、先の式の中でいうところの
品質スコアが低ければ
広告ランクが低くなり、上表示させにくくなるというわけです。

 

本ブログをお読み頂いている様な
頭の良い方に詳しく説明する必要もないでしょうが
例えば、

 

500円の上限クリック単価を設定したとしても
品質スコアが1であれば
広告ランクは500X1の500Pですね。

 

っで、競合が80円のクリック単価を設定していたとしても
品質スコアが10であれば
広告ランクは80X10の800Pとなり、
広告掲載順位は競合の方が上になると言うわけです。

 

では、品質スコアはどのような要因によって
決まるかということなのですが。

 

1.広告の関連性
2.クリック率
3.リンク先のページの品質

 

この3つの要因によって
品質スコアが決められるのですね。

 

で、ですね。
さらに言うなら、この中でも
決定要因の大部分を占めるのが
2.クリック率
ということなのです。

 

このことから言える事は
広告を上表示させる為には
広告ランクを上げる必要があるということ。

 

そして、広告タンクを上げるためには
品質スコアを高める必要があります。

 

さらに、品質スコアを高める要因の
大部分を占める広告のクリック率を高めることが
品質スコアを上げる一番の近道だということですね。

 

では、広告のクリック率を上げるために
何をするべきかということなのですが。

 

1つの広告グループに対して2つ以上の広告文を
常に用意し、広告文のABテストを繰り返し、
悪い方を差し替えていきながら全体の広告の
クリック率を高めていくというわけです。

 

ということでアカウントの調整法の3つ目として
広告のクリック率を高めることで
品質スコアの改善を図り、
結果、広告ランクの改善に繋がり、
上限クリック単価を無駄に上げることなく、
広告掲載順位を上げることが出来るというわけですね。

 

ご参考までに

 


『集』
お名前(姓) *
お名前(名) *
メールアドレス *

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ