PPC広告におけるアカウントの運用とは?続き・・・・

アドワーズの管理画面を覗き込んで
何がしかのチェックをするという時、
あなたはどこをチェックしていますか?

 

クリック単価?
クリック率?
1日、1週間、1ヶ月などの時間による変化のチェック?
検索キーワードのチェック?
コンバージョン数及び率のチェック?

 

これらのように管理画面を見ていると
つい、目を奪われてしまうのが
『数字』ですよね。

 

これらの数字が良かった、悪かった。
前回より良くなっている。
平均的には合格点だ。
などなど

 

数字単体でものごとを判断していしまうがち
になったりします。

 

しかし、前回にも申し上げましたとおり、
今ある状況でのみ判断していくのではなく、
今の結果では悪い部分があったとしても
それを含む全体のパフォーマンスが
よくなるにはどうすれば良いかという
全体最適の視点で改善を図っていくことが大事です。

 

PPC広告を打っていくということは
あくまでもアクセスを集める一手段であって、
PPC広告を打つことで、アクセスを集めることで
売り上げが上がるわけではありません。

 

当然のことながら、売上を上げるためには
アクセスしてきてからのコンバージョン率が
高くないといけないわけですね。

 

もちろん、コンバージョン率が低くても
それを凌駕する程のアクセス数があれば
目標とするコンバージョン数は
達成できるかもしれません。

 

しかしながら、アクセス数がむやみやたらと
多いだけでは無駄に広告コストが掛かってくる
という現実もあるわけで。

 

さらに言うなら、アクセスさえ集めればと
ターゲットにマッチしない客層からの
アクセスが増えたとしても意味無いですよね。

 

それこそ、お客様になるわけでもなく、
無駄な広告費が嵩まるばかりです。

 

なので、PPC広告によるアクセスを集めること
【だけ】を考えるのではなく、その後の展開を含めた
全体最適を考えた施策が必要なのですね。

 

PPC広告のURLをクリックする

LP(ランディングページ)に飛ぶ

ヘッドライン、リード、セールスの展開など
動線がきっちりと最適化されている

コンバージョンに至る

リピートへの展開がなされている

 

と、このようにリピート化するまでの
全体の流れが最適化されているからこそ
売上も上がっていくわけで

 

決してアクセスを集めたから
(PPC広告を打ったから)
売り上げが上がるわけではないのですね。

 

ということで、アカウント運用の際には
各々単体の『数字』に捉われることなく、
全体の最適化というものをにらんだ施策を
打っていく必要があるということです。

 

ご参考までに

 


『集』
お名前(姓) *
お名前(名) *
メールアドレス *

『無料でできるWEB集客システムの作り方』を知りたい方はこちらから登録!
ご登録頂きました方には、上記コンテンツと共にメルマガ『集』にご登録させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ